〝日韓EV戦争〟「現代自動車」が日本市場に再挑戦 全米での販売台数が初めてホンダを抜いたとの報道も 専門家「簡単にはいかないだろう」1/2ページ

トヨタの新型EV「bZ4X」
トヨタの新型EV「bZ4X」

大手メーカーが新たな覇権を狙ってしのぎを削る電気自動車(EV)市場。トヨタ自動車が本格展開の意向を示して話題を集める一方、韓国最大手の現代自動車が、EVなどで日本への再進出を検討していると報じられた。「日韓EV戦争」が勃発するのか。

現代自は8日、〝鬼門〟といえる日本市場で12年ぶりに乗用車事業へ挑戦すると発表した。FCV(燃料電池車)とEVの2車種を展開し、製品のネット販売やカーシェアに注力する。

現代自動車が日本で展開するEV「IONIQ 5」(手前)
現代自動車が日本で展開するEV「IONIQ 5」(手前)

今年に入って「現代自動車ジャパン」から「現代(ヒョンデ)モビリティージャパン」に社名を変更し、日本のカーシェア企業と協業することから本気度もうかがえる。

大手メーカーが相次いで減産を拡大させるなどサプライチェーン(供給網)に不安が残るなか、同社は2021年12月期の連結純利益が5兆6931億ウォン(約5350億円)と前年比から約3倍の伸びとなった。

zakスペシャル

ランキング

  1. プーチン氏の「カネ」知る大富豪〝怪死〟 裏切り者を口封じか 妻と娘と無理心中、一家心中、霊媒師宅の地下室で死亡…すでに8人

  2. 中国など「日本包囲」鮮明、岸田外交に試練 ガス田開発、東シナ海に構造物設置の動き 韓国、ロシア…周辺国の圧力強まる

  3. 誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」

  4. 【列島エイリアンズ】出会い系外国人編(3) 自称〝海外育ちの30代日本人女〟の巧みな手口 FX取引に誘い「吊り橋効果」で恋の毒牙に

  5. 【勝負師たちの系譜】東京に負けたくないという気構え 西高東低の風やまず 毎日のように練習将棋…研究量は関東以上か

  6. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  7. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  8. 【芸能ニュース舞台裏】田中みな実がCM、ドラマに重用されるワケ 「フリーアナ」の肩書不要、セルフプロデュースの勝負師

  9. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  10. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談