日本復喝!

台湾が警戒する中国〝ハイブリッド戦〟 情報戦やサイバー攻撃で相手を攪乱し、無血併合を画策か 日本国内でも不可解な事案発生の危険性1/5ページ

台湾・台北のビジネス街。
台湾・台北のビジネス街。

緊迫するウクライナ情勢をめぐり、ドイツのオーラフ・ショルツ首相と、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は15日、モスクワで会談する。「16日にも侵攻」という報道が流れるなか、緊張緩和に向けたギリギリの協議を行うが、ロシア軍はウクライナ国境付近の兵力増強を続けている。この様子を、中国の習近平国家主席や、台湾の蔡英文総統はじっと見ている。ロシアは2014年、ウクライナ南部クリミア半島を併合した際、情報戦やサイバー攻撃を組み合わせて戦略目標を達成する「ハイブリッド戦」を展開した。ウクライナと台湾の連動が懸念されるなか、産経新聞論説副委員長の佐々木類氏は、中国による「台湾有事」でも警戒される軍事戦略に迫った。

習近平主席
習近平主席

北京冬季五輪開幕直前の1月24日、台湾国防部は、中国軍の最新鋭電子戦機「殲16D」が初めて、台湾の防空識別圏(ADIZ)に進入したことを確認した。同機は、レーダーや通信システムなどを攪乱(かくらん)・無力化する能力を持つ。

中国の戦闘機「殲16D」はレーダーや通信システムなどを攪乱・無力化する(AP)
中国の戦闘機「殲16D」はレーダーや通信システムなどを攪乱・無力化する(AP)

警戒すべきは、殲16Dの進入が、これまでの戦闘機や爆撃機による軍事的威圧や牽制(けんせい)で終わらず、本格的な台湾侵攻につながる兆候かもしれないということだ。本格的な侵攻といっても、中国軍による着上陸作戦など正規軍による攻撃ではない。「ハイブリッド戦」である。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【政界マル秘紳士録】林芳正外相 戦後どの外相も経験のない難局に挑む「困ったときの林さん」 経歴からすれば「親中派」というより「親米派」!?

  2. 〝中露謀略〟岸前防衛相がウクライナを非難するかのようなツイッター投稿を捏造…中国語投稿者が協力 原発に絡めて日本の政治家が標的か

  3. 東出昌大「独立後の初主演映画」女性連れ込みで事務所解雇の契機になった作品だった

  4. 【日本の解き方】岸田首相の内閣改造の特徴は「オレ流・脱安倍・昭和人事」〝古き良き時代〟のやり方、喜んでいるのは中国と財務省だけ

  5. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】本人はチャート1位にこだわっていなかった 連続首位記録は16作で途切れるも…自分の考えを譲らなかった22枚目のシングル

  6. 【日本復喝!】中国による「ステルス一帯一路」の罠 大阪港が危ない!武漢新港との「パートナーシップ港提携」めぐり物議、府議会からも懸念の声

  7. 「自業自得」匂わせる一部メディアの異常な発信 安倍元首相暗殺から1カ月以上、誰が被害者で誰が加害者なのか 政治学者・岩田温氏が緊急寄稿

  8. 【元文春エース記者 竜太郎が見た!】都はるみの東北“通い愛” 矢崎滋さんに惹かれたワケ…穏やかで温かい大人の恋

  9. 広瀬すず熱愛報道で際立った!大物カップルゴールインへの注目度 妹とは対照的、姉・広瀬アリスのオープン交際

  10. 安倍氏の遺志継承「創生日本」 月内にも活動再開へ 生前の取り組みを学ぶ勉強会

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ