日本復喝!

台湾が警戒する中国〝ハイブリッド戦〟 情報戦やサイバー攻撃で相手を攪乱し、無血併合を画策か 日本国内でも不可解な事案発生の危険性5/5ページ

この時、一部の政党や左派メディアが、一斉に「中国との対話」や「外交的な解決」を連呼し始め、ものの見事に中国政府の代弁者となるのではないか。

まさに、「台湾有事は日本有事」(安倍晋三元首相)である。

岸田文雄首相や林芳正外相らの、国防における感度の鈍さが心配だ。台湾への挑発を強める中国に対し、強く懸念する声すら発信しようとしないからだ。

見たくない光景が、すぐそこまで迫っている。

■佐々木類(ささき・るい) 1964年、東京都生まれ。89年、産経新聞入社。警視庁で汚職事件などを担当後、政治部で首相官邸、自民党など各キャップを歴任。この間、米バンダービルト大学公共政策研究所で客員研究員。2010年にワシントン支局長、九州総局長を経て、現在、論説副委員長。沖縄・尖閣諸島への上陸や、2度の訪朝など現場主義を貫く。主な著書に『チャイニーズ・ジャパン』(ハート出版=表紙)、『日本が消える日』(同)、『日本復喝!』(同)など。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 東出昌大「独立後の初主演映画」女性連れ込みで事務所解雇の契機になった作品だった

  2. 【政界マル秘紳士録】林芳正外相 戦後どの外相も経験のない難局に挑む「困ったときの林さん」 経歴からすれば「親中派」というより「親米派」!?

  3. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】本人はチャート1位にこだわっていなかった 連続首位記録は16作で途切れるも…自分の考えを譲らなかった22枚目のシングル

  4. 【日本の解き方】岸田首相の内閣改造の特徴は「オレ流・脱安倍・昭和人事」〝古き良き時代〟のやり方、喜んでいるのは中国と財務省だけ

  5. 〝中露謀略〟岸前防衛相がウクライナを非難するかのようなツイッター投稿を捏造…中国語投稿者が協力 原発に絡めて日本の政治家が標的か

  6. 【日本復喝!】中国による「ステルス一帯一路」の罠 大阪港が危ない!武漢新港との「パートナーシップ港提携」めぐり物議、府議会からも懸念の声

  7. 「自業自得」匂わせる一部メディアの異常な発信 安倍元首相暗殺から1カ月以上、誰が被害者で誰が加害者なのか 政治学者・岩田温氏が緊急寄稿

  8. 【元文春エース記者 竜太郎が見た!】都はるみの東北“通い愛” 矢崎滋さんに惹かれたワケ…穏やかで温かい大人の恋

  9. 広瀬すず熱愛報道で際立った!大物カップルゴールインへの注目度 妹とは対照的、姉・広瀬アリスのオープン交際

  10. 安倍氏の遺志継承「創生日本」 月内にも活動再開へ 生前の取り組みを学ぶ勉強会

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ