エース流出の危機回避した日テレ〝苦肉の策〟舞台裏 3月退社の桝アナ、異例の待遇 テレ朝で朝の顔・羽鳥アナの「二の舞」は絶対避けたかったか2/2ページ

「日本テレビホールディングス代表取締役副会長の小杉善信氏ら局の上層部が必死に説得したそうです。退社を引き留めることこそできませんでしたが『バンキシャ!』への出演継続という折衷案で何とか話をまとめたのです。『バンキシャ!』は日曜日の生放送ということで大学の仕事との掛け持ちも可能ですからね。局内では、1本100万円もの破格のギャラを提示したなんて噂も流れています」(前出の番組スタッフ)

エースアナとはいえ、退社する社員に破格の待遇を用意した背景には局上層部の苦いトラウマがあるという。

羽鳥慎一アナ
羽鳥慎一アナ

「ウチは、桝アナと同様にイケメン&さわやかなイメージで女性視聴者から抜群の人気を集め、男性エースアナとして活躍していた羽鳥慎一さんを独立させてしまった過去がある。しかも、その羽鳥さんは今やライバル局であるテレビ朝日の〝朝の顔〟になっていますからね。万が一にも同じ過ちを繰り返すわけにはいかないですし、実際に桝さんの退社の噂を聞きつけて、他局や大手アナウンサー事務所が水面下で接触を図ろうとする動きもあったようですし」(同番組スタッフ)

3月いっぱいで退社する桝アナへの日テレサイドの異例の好待遇は、エースアナの他局への流出阻止やフリー転身後の囲い込みの意味合いもあるようだ。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「政界屈指の親中派」林外相の留任は地雷か 岸田首相が茂木氏らと人事協議 識者「適任でない」「保守層離れる」

  2. 高市氏の防衛相が浮上 内閣改造、林外相留任で「親中派内閣」の懸念 旧統一教会との関係、局面転換を狙う官僚の処遇にも注目

  3. 岸田文雄首相「急転直下の内閣改造」で焦点になる「旧統一教会と関係深い安倍派」の処遇

  4. 【心肺停止の中国】半導体最大手・TSMCをそっくり強奪 ウクライナと異なる台湾侵攻 戦える?実戦経験ない中国兵と「ゼレンスキー効果」で士気高まる台湾人

  5. 【スクープ最前線】中国が震撼、暗殺事件に潜む〝闇〟安倍氏の不可解な死とペロシ氏の「訪台計画」 各国情報当局も疑念、岸田政権は「真実」公開するか

  6. 【勝負師たちの系譜】70期になった王座戦 藤井への追撃として落とせない五番勝負

  7. 【マンション業界の秘密】米中韓で不動産価格が下落、日本は? 日銀がかたくなに「異次元金融緩和」を維持する理由

  8. 米国で一斉「中国スパイ狩り」 FRBも標的、工作員とつながる13人を特定 「対日諜報活動も高まる可能性」石平氏

  9. 【艶グラドル】NMB48・本郷柚巴、ボディーも仕事もメリハリつけて 好きな身体のパーツは「身体のラインが出るクビレ!」

  10. 【ドクター和のニッポン臨終図巻】女優・島田陽子さん、女優ゆえの葛藤ならせつない 医師からは人工肛門の増設を勧められたが拒否

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ