サクラと星条旗

追悼・石原慎太郎氏 週刊誌コラムでは「悪魔」だと書いたが…気づくと彼に魅了されていた 本音を語ることを恐れない男1/5ページ

1日に死去した石原慎太郎氏
1日に死去した石原慎太郎氏

今年2月1日、偉大な作家で政治家の石原慎太郎氏が89歳で亡くなった。

私は作家として昔から石原氏のキャリアに関心を抱いていた。その華々しい経歴の始まりを飾った23歳での芥川賞受賞作「太陽の季節」を読んだが、鎌倉を舞台に戦後の非道徳的な若者を鮮烈に描いた作品であった。小説は映画化され、出演した弟の裕次郎氏は「日本のジェームズ・ディーン」と呼ばれるほどの大スターになった。石原慎太郎、裕次郎兄弟は、日本の若者文化の中心となっていった。

彼の歯に衣着せぬウルトラナショナリスト(超国家主義者)的発言は、いつもトラブルを引き寄せた。1963年大相撲秋場所の千秋楽。白系ロシア人の父を持つ大鵬と柏戸の横綱全勝対決を柏戸が制して優勝した。すると翌日の日刊スポーツ紙の論説で石原氏がこの取組を「八百長」だと批判。当時大鵬は過去12場所中11場所で優勝という圧倒的強さを見せており、世間の大相撲への関心は薄れていた。そこで横綱同士のライバル対決という構図を強調し、再び世間の注目を集めるためにわざと負けた、と責め立てたのである。

大鵬が外国にルーツを持つがゆえに標的にされたと見る人もいた。辛辣な批判に大鵬は激怒し、本人からの強い訴えにより相撲協会は訴訟準備を始めた。石原氏は選択を迫られた―謝罪か、法廷で戦うか。彼は謝罪文を書くことを選んだ。波瀾万丈な人生の中で前言撤回したのはこの時を含め、数えるほどだろう。

皮肉にもこの件をきっかけに、大鵬と柏戸は土俵の外で親交を深めることとなった。2人の真の友情は、96年に柏戸が亡くなるまで長く続いた。

zakスペシャル

ランキング

  1. ほかにもある自治体の誤送金 回収に四苦八苦の現場…億超えの大阪・寝屋川市や福島・天栄村など 督促申し立てを行うと10万円以上の経費

  2. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  3. 国会は「対中非難決議」の覚悟決めろ 内部資料流出、ウイグル問題で動かぬ証拠 「骨抜き決議」に批判 有本香氏「毅然と事実を示していくべき」

  4. 【EV放浪記】ホンダeの12カ月点検 回生ブレーキ多用で減らないブレーキパッドは錆だらけ 車体下側は凹凸少なくスッキリ

  5. 日本の核シェルターの現状 人口1.2億人に対し収容できるのは2.4万人

  6. 【最新国防ファイル】陸自唯一の機甲師団「第7師団」 ロシアが仮想敵のずば抜けた戦闘力 いまは領土防衛のため機動展開の部隊に変革

  7. ゼレンスキー大統領が激怒! キッシンジャー氏の「領土割譲案」に「ロシアの利益を考慮しよう、という人が必ずいる」

  8. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  9. 元欅坂46・今泉佑唯「母ひとり子ひとりで子育て中」と明かす ユーチューバー引退のワタナベマホトと既に破局か

  10. 【新・親も知らない今どき入試】関関同立合格者ランキング 滋賀・膳所が圧勝 大阪・大手前、四條畷も急伸 首都圏ほど中高一貫校が発達しておらず公立校が優勢