厳戒の祭典in北京

北京よりも断然おいしい!! 張家口会場のサンドイッチ1/1ページ

本コラムで何度か触れている北京冬季五輪の食事ですが、実はこの「バブル」内では北京中心部よりもスキー競技などが開催される張家口エリアの方が断然においしいという側面があります。味に関する感想は個人的な意見ですが、軽食1つをとっても力の入れ方に違いを感じます。

各会場に併設された売店には、飲み物のほか軽食や弁当などが販売されています。北京中心部の競技会場では軽食としてサンドイッチなどが販売されていますが、日本のコンビニでも販売しているような包装で、手渡す前に電子レンジで温めてくれます。

一方、張家口のある取材拠点内の売店にもサンドイッチがあったので注文してみると、「調理して持ってくるので、15分程度待ってほしい」と店員。待っていると、クラブハウスサンドのような本格的な見た目のサンドイッチにフライドポテトがついてきました=写真。味も抜群です。張家口は五輪開催をきっかけに不動産などのリゾート開発が進む地域であり、食事もリゾート級ということなのかもしれません。

価格はどちらのエリアも35~40元(約630~720円)程度。同じ料金を支払うなら多少待ってでもおいしいものを食べたいと思いますが、「時は金なり」という言葉もあり、結局は一長一短という見方もできます。 (五輪取材班・内藤怜央)

zakスペシャル

ランキング

  1. 数万件のウイグル内部資料が流出 習主席が収容施設の建設を指示、共産党幹部による「逃げる者は射殺せよ」と命じた記録も

  2. 消えたはずの「日の丸」が映画本編で復活 27日公開「トップガン」続編 予告編ではトム・クルーズのジャケットが別マークに修正も

  3. 【日本の解き方】中国が失う〝成長のエンジン〟 民主主義国と切り離し進み…日本でのインフラ投資困難に

  4. 取り戻した4300万円、凄腕町側弁護士の裏技 捜査の手が及ばないよう〝手切れ金〟として全額返金された可能性も 誤送金問題

  5. クアッドに対抗策あるのか 中露の爆撃機計6機、日本海・東シナ海・太平洋を共同飛行 「国民レベルの意識改革が必要」識者

  6. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  7. SNSに「大麻」の影 誤送金4630万円詐取の田口容疑者 投稿に「マンチ」など隠語が点在 周辺から「まじめ」と語られるも

  8. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】「AL―MAUJ」誕生の真実 シングル化が遅れ…佐藤さんのアルバムに 「『難破船』に続いてまたカバー曲か」は正直心外

  9. 水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か

  10. トム・クルーズが魅せた〝神対応〟ぶり 映画「トップガン マーヴェリック」のジャパンプレミア