モテる男の1万円服装術

真冬のデートスタイル(1) 「バレンタインデー」を華やかに彩る赤やピンク 季節先取り、気持ち温かく1/1ページ

2月はバレンタインデーを意識した赤やピンク系の色がオススメ
2月はバレンタインデーを意識した赤やピンク系の色がオススメ

歌手の田原俊彦さんは昨年2月に還暦を迎えました。そのアニバーサリーライブが昨年11月に東京国際フォーラムで開催され、先月23日にはそのコンサートがWOWOWで放送されました。

還暦の色でもありますが、田原さんも赤の衣装がよく似合います。実は、テーマカラーや服装を意識的に赤にする男性は意外に多いようです。

先月の当欄でも書いたように、日本ハムの新庄剛志監督も記者会見で真っ赤なスーツで登場。気合を見せてくれました。

そうした明るいきざしが見えていた昨年末ですが、今年に入って再びコロナウイルスが猛威を振るい始め、服飾業界はまた暗い雰囲気に包まれています。

もともと2月は寒さが厳しく、主要なイベントも少ない月です。そのなかで唯一、バレンタインデーだけは華やいだイベントと言えます。バレンタインデーがあるおかげで、街中のウィンドウもピンクや赤色など暖色系で飾られます。そうした街の飾りに合わせて自分の服装も明るくすれば、気持ちも明るくなるはずです。

この連載でたびたび述べていますが、おしゃれとは自分が好きなものやこだわりのあるものを身に着けることで、「明るい気持ちになる」「自信が持てるようになる」ことでもあります。たとえば女性は、ハイヒールを履き高級素材を身にまとうと自然と優雅な気持ちになります。服装には、そうした効果があるのです。

私は真冬のデートスタイリングで心がけていることがあります。それは、男性でも女性でも赤やピンクの服や小物を使って、バレンタイン=LOVE(愛)を意識してもらうことです。

もちろん、どうしても赤やピンクは似合わない、嫌い、苦手、という人には無理強いはしません。そういう場合は顔から遠い場所、たとえば下半身や、靴やチーフなどのごくわずかな面積で配色するようにしています。

どうしてもモノトーンやダーク系の服を身に着けることが多い冬だからこそ、「バレンタインデーの2月」を意識して赤やピンクを使うと、季節の先取りができます。寒い2月にあえて暖色系のものを身に着ければ、気温が低くても気持ちは温かくなります。おすすめです。

zakスペシャル

ランキング

  1. ほかにもある自治体の誤送金 回収に四苦八苦の現場…億超えの大阪・寝屋川市や福島・天栄村など 督促申し立てを行うと10万円以上の経費

  2. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  3. 【EV放浪記】ホンダeの12カ月点検 回生ブレーキ多用で減らないブレーキパッドは錆だらけ 車体下側は凹凸少なくスッキリ

  4. 国会は「対中非難決議」の覚悟決めろ 内部資料流出、ウイグル問題で動かぬ証拠 「骨抜き決議」に批判 有本香氏「毅然と事実を示していくべき」

  5. 日本の核シェルターの現状 人口1.2億人に対し収容できるのは2.4万人

  6. 【最新国防ファイル】陸自唯一の機甲師団「第7師団」 ロシアが仮想敵のずば抜けた戦闘力 いまは領土防衛のため機動展開の部隊に変革

  7. ゼレンスキー大統領が激怒! キッシンジャー氏の「領土割譲案」に「ロシアの利益を考慮しよう、という人が必ずいる」

  8. 元欅坂46・今泉佑唯「母ひとり子ひとりで子育て中」と明かす ユーチューバー引退のワタナベマホトと既に破局か

  9. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  10. 【新・親も知らない今どき入試】関関同立合格者ランキング 滋賀・膳所が圧勝 大阪・大手前、四條畷も急伸 首都圏ほど中高一貫校が発達しておらず公立校が優勢