取手競輪「第37回全日本選抜競輪」注目選手③参加最年長の内藤宣彦1/1ページ

内藤宣彦選手
内藤宣彦選手

「第37回全日本選抜競輪」(GⅠ)は茨城県取手市の取手競輪場で20日から祝日・天皇誕生日23日までの4日間で開催される。2022年最初のGⅠで優勝すればいち早く「KEIRINグランプリ2022」(平塚・12月30日)の出場権利を得られるだけに大激戦が展開されること間違いなし。そんな中で優勝争いというよりは「穴」車券で狙ってみたいのが今大会最年長の内藤宣彦(秋田)だ。

御年50歳。大会終了後3月には51歳の誕生日を迎える内藤が昨年8月オールスター以来のGⅠ戦に挑む。1991年デビューの67期生はタイトルホルダー金古将人(福島)を筆頭に高谷雅彦(青森)、本田博(宮崎)らトップスターを輩出したが現在、S級在籍は内藤と近藤修康(岡山)の2人のみ。S1は内藤だけだ。

秋田籍のため、現在は冬季移動先の千葉県で宮倉勇(千葉)グループに混ざって練習を重ねている。その宮倉も現在、57歳ながらA級1班で時には特選シードを得られるほどの位置におり、いいお手本になっているに違いない。

そして千葉在住の地の利を生かし、昨年末からTIPSTAR DOME CHIBAで行われているPIST6にも参加している。タイムトライアルで10秒台半ばを叩き出すしたり、勝ち星をあげるなど若い自力型の活躍が目立つPIST6で大ベテラン健在ぶりを大いにアピールしている。250バンクでの走行はバランス感覚が養われる等、いい練習にもなり、その後の好成績につながるケースが多い。

展開の利を生かして勝つというよりも混戦でゴール前、抜け出してくる印象が強い。相手が強くなればなるほどそのいぶし銀の脚も光るし、高配当にもつながる。アタマではなく2、3着で手広く狙うと大穴がゲットできそうだ。

zakスペシャル

ランキング

  1. 西側諸国「6月反攻」に秘密兵器 ゼレンスキー大統領、東部苦戦に「装備の差」主張 これまでで最も殺傷力が高い榴弾砲供与か 「8月までは一進一退」識者

  2. 【日本の核戦略】核シェアリングの方法(上) 中国の核恫喝が現実に…日本の政治家はもはや逃げ回れない 「核を持ち込めば、敵の核に狙われる」は無知な議論

  3. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  4. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  5. ビニ本販売で「まんだらけ」摘発 「芸術としてのエロスと捉えていた」社長ら5人書類送検、1440万円売り上げ 昨年には風営法違反も

  6. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  7. 【小池百合子 強く、そしてしなやかに】若者に浸透した安全保障のリアル 「ウクライナ侵攻」で脅かされる食料、エネルギー…自然災害にも目

  8. 【ニュースの核心】米が構築「新しい戦争のかたち」 武器弾薬を提供し実際に戦うのは現地軍 台湾防衛「あいまい戦略」修正も中国抑止へ「憲法改正」は不可欠

  9. 阪神、佐々木朗希に“エース回避作戦”大成功 負ければ自力V消滅の可能性もミラクル起こす セ・パ交流戦

  10. 【艶グラドル】古川杏は〝だんじり娘〟 セクシーポイントは「左頰の秘密のホクロ」