中日・立浪監督、これで4度目…新庄ビッグボスの壁 初陣快勝も「注目度」では明暗くっきり1/2ページ

立浪監督(左)は清宮を指導、右は新庄監督=16日、北谷
立浪監督(左)は清宮を指導、右は新庄監督=16日、北谷

中日・立浪和義監督(52)が16日、日本ハムとの練習試合(北谷)で7―4と快勝し初陣を飾ったが、またしても新庄剛志監督(50)にのみ込まれた。

ともに新人監督の立場ながら、注目度では初っぱなから明暗がくっきり。ミスタードラゴンズの指揮官就任により、話題独占は間違いなしと思われたが、なぜか節目になると強烈な新庄劇場がことごとく立ちふさがる。

最初は昨年10月29日の中日監督就任会見。終了1時間後に日本ハムが新庄監督就任を正式に発表し、スポーツニュースは東海地区を除き、新庄一色に染まった。

ナゴヤ球場での秋季キャンプ初日は、新庄監督が就任会見。11月30日の球団納会も日本ハムのファン感謝イベントと丸かぶりで、球団関係者も「これだけうちとかぶるとは…」と渋い表情だった。

zakスペシャル

ランキング

  1. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  2. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  3. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国

  4. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  5. プーチン氏の「カネ」知る大富豪〝怪死〟 裏切り者を口封じか 妻と娘と無理心中、一家心中、霊媒師宅の地下室で死亡…すでに8人

  6. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  7. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  8. 中国など「日本包囲」鮮明、岸田外交に試練 ガス田開発、東シナ海に構造物設置の動き 韓国、ロシア…周辺国の圧力強まる

  9. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  10. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権