担当医師やコーチ「投獄されるべき」 ドーピング問題のワリエワから薬物3種検出 選手を「原材料」に例え未成年に提供 厳しさ増す世界の論調1/3ページ

北京冬季五輪のフィギュアスケート公式練習で、エテリ・トゥトベリゼ・コーチ(右)と話すROCのカミラ・ワリエワ(共同)
北京冬季五輪のフィギュアスケート公式練習で、エテリ・トゥトベリゼ・コーチ(右)と話すROCのカミラ・ワリエワ(共同)

北京冬季五輪のフィギュアスケート女子に出場しているロシア・オリンピック委員会(ROC)のカミラ・ワリエワ(15)のドーピング問題で、陽性反応を示した禁止物質トリメタジジンを含めて心臓疾患の治療に使用される薬物が計3種類検出されていたと米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)が15日に報じた。ショートプログラム(SP)首位で、17日のフリーに出場するワリエワやロシアのフィギュア指導者に対する各国の論調は厳しさを増している。

新たに判明した物質は禁止薬物には指定されていない「ハイポキセン」と「L―カルニチン」で、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提出された文書で明らかになったという。同紙は「ワリエワは昨年12月に行われたドーピング検査で心臓の働きを助けるために使われる3つの薬物について陽性だった。その1つだけが禁止薬物だった」と伝えた。

同紙によると、L―カルニチンは脂肪をエネルギーに変える作用があり、経口摂取は認められているが、点滴や注射による大量摂取は禁止されている。過去にはドーピングで問題になったこともあり、2019年に陸上長距離コーチのアルベルト・サラザール氏が選手に点滴を行ったとして4年間の資格停止処分になった事例もある。

また、CASへの提出文書によると、ワリエワはドーピング検査時にあらかじめ3つの薬物の使用を宣誓し登録していたという。登録されていたのは、L―カルニチン、ハイポキセンとビタミンサプリメントの「スプライディン」だった。禁止薬物のトリメタジジンはもちろん登録されていない。

zakスペシャル

ランキング

  1. ほかにもある自治体の誤送金 回収に四苦八苦の現場…億超えの大阪・寝屋川市や福島・天栄村など 督促申し立てを行うと10万円以上の経費

  2. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  3. 【EV放浪記】ホンダeの12カ月点検 回生ブレーキ多用で減らないブレーキパッドは錆だらけ 車体下側は凹凸少なくスッキリ

  4. 国会は「対中非難決議」の覚悟決めろ 内部資料流出、ウイグル問題で動かぬ証拠 「骨抜き決議」に批判 有本香氏「毅然と事実を示していくべき」

  5. 【最新国防ファイル】陸自唯一の機甲師団「第7師団」 ロシアが仮想敵のずば抜けた戦闘力 いまは領土防衛のため機動展開の部隊に変革

  6. 日本の核シェルターの現状 人口1.2億人に対し収容できるのは2.4万人

  7. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  8. ゼレンスキー大統領が激怒! キッシンジャー氏の「領土割譲案」に「ロシアの利益を考慮しよう、という人が必ずいる」

  9. 元欅坂46・今泉佑唯「母ひとり子ひとりで子育て中」と明かす ユーチューバー引退のワタナベマホトと既に破局か

  10. 安保環境の激変で大転換 日本学術会議「軍民両用」研究を否定せず 年間10億円の血税投入「浮世離れ」組織、民営化案浮上で目くらましか