経済快説

「高校の金融教育」2つのポイント 必修化される家庭科より、数学・社会科で学ぶことが適切1/2ページ

金融教育を必修化する文部科学省
金融教育を必修化する文部科学省

高等学校の2022年度学習指導要領で、家庭科の授業に株式や投資信託などの話題を含む金融教育が必修化される。金融庁は「貯蓄から投資へ」のかけ声の下に、14年にNISA(少額投資非課税制度)、18年にはつみたてNISAといった税制面で有利な投資の制度を導入するなど、国民の有価証券投資を通じた資産形成の普及に力を入れてきた。新たに教育が加わる。

もっとも、世間の関心の呼び覚ましには19年に勃発した「老後2000万円問題」が結果的に大規模な「炎上マーケティング」になったことの効果が大きかった。

日本経済新聞(2月5日夕刊)の報道では、複数の証券会社が出張授業を行ったり、教材を作成・提供したりする取り組みを進めているという。率直に言って、高校の教員自身が投資に不案内な場合が多かろうから、金融機関の協力をありがたいと思う学校があることは想像に難くない。記事には「現場のプロである証券会社から直接教わる利点は大きい」という教諭の声を紹介している。

しかし、証券マンを資産形成のプロと見るのは危険だ。彼らは、証券売買のプロ、もっと正確に言うなら手数料稼ぎのプロなのであって、あるべき金融教育の中では、正しく警戒する必要性を教えるべき対象だ。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】全選挙区122人「女の戦い」 猛追する東京・海老沢氏 踏ん張る大阪・松川氏 知名度で自民に追いつくか愛媛・高見氏 政治ジャーナリスト分析

  2. AV新法成立でも終わらぬ議論 知識人4人が考える「AVの今と未来」

  3. 【2022年夏・参院選】激戦!有名候補も危ない!? 首都圏・近畿圏13選挙区当落 東京、残る1議席を争う3氏 政治評論家・有馬晴海氏が情勢分析

  4. パドレス退団の秋山翔吾、古巣の西武には戻りづらい? 「自分が戻ることで、面白くないと思う人がいるんじゃないか」

  5. 【保守とリベラル】参院選後、岸田首相への注文 世論に過度に迎合することなく抜本的改革を! 憲法改正、外交で安倍元首相の活用も

  6. 【メジャーの旅】陽岱鋼、米独立リーグで野球を楽しむ 本人いわく「ゼロからのスタート」も あふれる笑顔の野球少年に

  7. 【するりベント酒】威張ってない、偉そうにしてない…新潟の弁当は期待以上においしかった! 「五目釜めし弁当」

  8. 【大前研一のニュース時評】NTTグループの画期的な働き方の新制度 勤務場所は原則自宅、本社に呼ばれたら出張扱い

  9. 【芸能ニュース舞台裏】歌えるうちに辞める加山雄三、活動休止の波紋 スタッフは新たな「職場」探しに…サザンのライブが業界全体を活性化へ

  10. 【2022年夏・参院選】自民・維新をブッタ斬り! 批判させたら天下一品〝くら替え〟辻元氏に密着 「安倍さん麻生さん五輪の責任を」「吉村知事甘やかしたらあかん」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ