ROC「金」「銀」獲得もゴタゴタ…ミス連発のワリエワ4位 「すべてが嫌なのよ!」トルソワは高難度の演技も得点及ばず激高 フィギュア女子フリー1/2ページ

動揺を隠せなかったワリエワ(彦野公太朗撮影)
動揺を隠せなかったワリエワ(彦野公太朗撮影)

天才少女も重圧につぶされた。SP首位のワリエワは、最終滑走でミスを連発して、「キス・アンド・クライ」で泣き崩れた。

優勝しても金メダルがもらえるかどうかわからないという複雑な思いで氷上に立ったフリー。冒頭の4回転サルコーは耐えたが、トリプルアクセルで乱れ、続く4回転を含む2連続ジャンプで転倒。さらに演技後半の4回転トーループも尻もちをついた。

フリーの演技をするトルソワ(彦野公太朗撮影)
フリーの演技をするトルソワ(彦野公太朗撮影)

演技中、ロシアメディアや関係者席から手拍子も上がったが本来の演技とはかけはなれていた。無言で報道陣の前を通り過ぎ、その表情は疲れ切っていた。

坂本も「正直見るのがつらかった」と漏らす失速ぶりだった。

IOCは今大会の女子個人の成績を暫定的なものとして扱う方針。ワリエワがメダル圏内に入った場合、行われない方針だった表彰式は、無事行われることになったがわだかまりは消えない。ワリエワが金メダル獲得に貢献した団体の表彰式はいまだ実施されないままだ。

zakスペシャル

ランキング

  1. プーチン氏の「カネ」知る大富豪〝怪死〟 裏切り者を口封じか 妻と娘と無理心中、一家心中、霊媒師宅の地下室で死亡…すでに8人

  2. 中国など「日本包囲」鮮明、岸田外交に試練 ガス田開発、東シナ海に構造物設置の動き 韓国、ロシア…周辺国の圧力強まる

  3. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  4. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  5. 誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」

  6. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  7. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国

  8. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  9. 【勝負師たちの系譜】東京に負けたくないという気構え 西高東低の風やまず 毎日のように練習将棋…研究量は関東以上か

  10. 【列島エイリアンズ】出会い系外国人編(3) 自称〝海外育ちの30代日本人女〟の巧みな手口 FX取引に誘い「吊り橋効果」で恋の毒牙に