宝田もなみ バイブスあがってる?

業と欲が深すぎるせいかな~心の中に一輪のバラを咲かせられる余裕を1/2ページ

宝田もなみ
宝田もなみ

先月は長めの正月休みに加えて体調不良でしばらく社会から隔離されていたので、かなり体が鈍ってしまった。だらだらと猫を愛でながらNetflixを見て眠くなったら寝るだけの生活はとっても楽ちんだけど面白味はあんまりない。今月に入ってからは先月の分を取り戻すために仕事やらプライベートやら様々な予定を詰めこんでみたのだが、最近になってようやく体に生活の感覚が戻ってきたような気がする。

普通に仕事したり色んな人に会いながら生活していると、自分は臆病なくせに過剰なものが好きだったということを思い出す。例えば、飲み会でテキーラショットを飲みまくって案の定気持ち悪くなって後悔してしまう夜も、撮影がキツくて「本当に無理かも、やばい死にそう」と思う瞬間も、その時は二度とそうならないようにしようと固く心に誓いはするのだけれど、本当はそういう瞬間を少しだけ愛している。だからAV女優をやっていけているのだと思うけど、品行方正な生活を送っていてはきっと体験できないだろうなという場面に遭遇すると嬉しくなるのは子供の頃にいい子にしすぎたせいだろうか。いや、ただ業と欲が深すぎるせいかな。

しかしこうして過剰さを摂取する生活を送ると、ふと自分をフラットに戻す時間が必要になる。結局自分は根っからのパリピではないから、24時間ORANGERANGEと湘南乃風を聴き続けることはできなくて、物事を考える時や過剰な生活にくらくらした時に自分に必要なのはセルゲイ・ポルーニンのダンスであり、SigurRosの音楽であり、SUPER BUTTER DOGのサヨナラCOLORであり、andymoriの遠くへ行きたいであり、モランディの絵画であったりする。私にとってそれらは全て特別に美しくて尊い。とても書ききれないけど、そう思えるものがこの世界には沢山あって、そういう物に触れると不思議と自分を取り戻せたような気持ちになるのだ。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. AV新法成立でも終わらぬ議論 知識人4人が考える「AVの今と未来」

  2. 【2022年夏・参院選】全選挙区122人「女の戦い」 猛追する東京・海老沢氏 踏ん張る大阪・松川氏 知名度で自民に追いつくか愛媛・高見氏 政治ジャーナリスト分析

  3. パドレス退団の秋山翔吾、古巣の西武には戻りづらい? 「自分が戻ることで、面白くないと思う人がいるんじゃないか」

  4. 【芸能ニュース舞台裏】歌えるうちに辞める加山雄三、活動休止の波紋 スタッフは新たな「職場」探しに…サザンのライブが業界全体を活性化へ

  5. 【保守とリベラル】参院選後、岸田首相への注文 世論に過度に迎合することなく抜本的改革を! 憲法改正、外交で安倍元首相の活用も

  6. 【勝負師たちの系譜】棋士や将棋界のことを知りたい「知る将」のための一冊 それぞれのファンに向けた著書続々

  7. 【大前研一のニュース時評】NTTグループの画期的な働き方の新制度 勤務場所は原則自宅、本社に呼ばれたら出張扱い

  8. 【2022年夏・参院選】政党別の「獲得議席」最新情勢 自民党1人区で「27勝5敗」 左派政党の苦戦浮き彫りに 選挙プランナー松田馨氏が解説

  9. 【日本の解き方】ロシアのウクライナ侵攻が「終結」するシナリオはあるのか 甘受せざるを得なくなる米国の支援次第という現実

  10. 【するりベント酒】威張ってない、偉そうにしてない…新潟の弁当は期待以上においしかった! 「五目釜めし弁当」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ