佑ちゃん効果で爽やかに 引退後初の古巣・日本ハムキャンプ訪問 「投手のこと教えて」BIGBOSSの要望もこれには謙遜1/1ページ

ポーズをとり記念撮影する新庄監督(左)と斎藤氏(北海道日本ハムファイターズ提供)
ポーズをとり記念撮影する新庄監督(左)と斎藤氏(北海道日本ハムファイターズ提供)

昨季現役を引退した元日本ハム・斎藤佑樹氏(33)が18日、沖縄県名護市のキャンプを訪れ、ファンを喜ばせた。

昨年末に球団から「キャンプで投げてほしい」と依頼を受けて快諾。トレーニングを続けてこの日は新庄剛志監督(50)が期待する若手、万波中正外野手(21)を相手に室内練習場で67球を投じ「気持ちよく投げられていい思い出になった」と汗をぬぐった。

メイン球場内ではBIGBOSSとも初対面。将来ある若手を「スター選手にしたい」と熱く語られたという。「投手のことをいろいろ教えて」と声をかけられたが、これには「僕なんかが教えられない」と謙遜した。

早実高、早大とアマチュア球界の申し子として活躍した「ハンカチ王子」もプロ11年間でわずか15勝止まりでユニホームを脱いだ。それでも入寮時やプロ1年目の春季キャンプでテレビ各局の情報番組が生中継で一挙手一投足を追いかけた〝人気者〟としての存在感は健在。球団OBは新庄監督に次ぐ「チームのイメージアップに一役買える人材として貴重な存在」と明かす。

毎年、日本ハムのドラフト戦略は「その年の1番の選手を獲得する」ことを掲げ、さらに斎藤氏や吉田輝星投手(21)など甲子園を沸かせて知名度が高い人材を狙うことが多い。

プロではなかなか芽が出なかった斎藤氏だが、爽やかなイメージは「新庄監督とは違うファン層にチームの魅力を訴求できるのは大きな武器」。滞在は19日までの2日間だが、球団側もドラフト1位入団の選手を大切にしつつ「全国ネットのスポーツニュースで露出できるメリットがある」と前出のOBは話す。

日々伝えられる日本ハム関連の報道に「ワクワクしながら見ている」という斎藤氏を今後、球団がどう活用するかも見ものだ。 (山戸英州)

zakスペシャル

ランキング

  1. 国連で動き出した「新・悪の枢軸」 中露の拒否権で北朝鮮の制裁決議が否決 安保理〝機能不全〟また露呈 「ファシズム化は続く」識者

  2. 【大前研一のニュース時評】ルノーなど「ロシア完全撤退」でバッシング回避 一方でそのままの企業も…中国やインドの企業は〝知らん顔〟

  3. 【メジャーの旅】後を絶たないMLBの人種差別 かつてイチローも身の危険を感じ「聞きたくない言葉浴びせられた」と回想

  4. 感染拡大続く北朝鮮 脆弱な医療体制で高齢者、妊婦、児童らにしわ寄せ

  5. 坂本一生が驚きの「変身」ぶり 金髪に真っ黒日焼け肌…プロレスラーのような肉体に

  6. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  7. バイデン政権は本当に頼りになるか? 「核の傘」は幻想、中露北「核保有国」と向き合う日本「自立」の好機! 大原浩氏が緊急寄稿

  8. 西側諸国「6月反攻」に秘密兵器 ゼレンスキー大統領、東部苦戦に「装備の差」主張 これまでで最も殺傷力が高い榴弾砲供与か 「8月までは一進一退」識者

  9. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  10. 【芸能ニュース舞台裏】小山田圭吾、英語の復帰文書新鮮だが…テレビ登場にはまだ遠く 記憶に新しい東京五輪開会式前の辞任騒動