取手競輪GⅠ「第37回全日本選抜競輪」20日開幕 茨城県自転車競技事務所・角田所長がコロナに挑む1/3ページ

取手競輪GⅠ「第37回全日本選抜競輪」20日開幕
取手競輪GⅠ「第37回全日本選抜競輪」20日開幕
その他の写真を見る (1/4枚)

今年最初の競輪界のビッグレース「第37回全日本選抜競輪」(GⅠ)が20日から23日までの4日間、茨城県取手市の取手競輪場で開催される。同所で同大会が開催されるのは2017年第32回大会以来5年ぶり2回目。茨城県自転車競技事務所・角田浩美所長に大会直前の意気込み、取手競輪の今後などを直撃した。

時代はコロナ禍。公営競技の中でも参加人数が多い競輪は新型コロナウイルス感染者の発生により中止、打ち切りが目立つ。今大会では徹底した感染対策を施す。選手宿舎は通常4人一部屋だが今はソーシャルディスタンスを保つために2人で使用。宿舎に入りきれない選手は借り上げたホテルの個室を使う。

また、取手競輪では2020年6月の開催から検車場に報道陣は一切入れず、屋外での取材対応としている。「取手さんは厳しすぎるんじゃないのって言われます」。無事に開催したいという強い気持ちで心を鬼にして感染予防に徹している。

競輪のビッグレース(GP・GⅠ・GⅠⅠ)は年間で10開催しかなく、中でもGⅠが開催できる競輪場は僅かだ。GⅠが開催できる取手は順風満帆に見えるが、11年3月の東日本大震災ではバックスタンドのガラスや天井が落下し、バンクもひび割れて、存続が危ぶまれるほどの被害が発生していた。

取手競輪は茨城県が主催しており角田所長は震災当時、県庁で報道対応のセクションに所属。「あの時は4日間、家に帰れなかった記憶があります」と振り返る。原発事故の影響で福島県から多くの避難者が茨城県に押し寄せ、「茨城県では受け入れるためにホテルなどの手配もしました。競輪場内の選手宿舎でも受け入れたと聞いています」。当時の産経新聞によると取手市は、災害時相互応援協定を結んでいる南相馬市から避難者を受け入れ、ピーク時には54世帯171人が市内に避難していたという。

zakスペシャル

ランキング

  1. バイデン大統領のアジア歴訪を韓国が悪用!? ケジメなき「反日」暴挙問題の棚上げ画策も 「対北政策を利用し『告げ口外交』か」識者

  2. 資金洗浄、闇店舗…危ない「ネットカジノ」 4630万円誤送金詐取で24歳男逮捕、供述で「別の口座に移して使った」

  3. 中国〝恫喝体質〟また露呈 王毅外相「日本は火中の栗を拾うな」 日中外相会談の同日、爆撃機が沖縄飛行

  4. 【艶グラドル】林凛「女子大生7年目です」 セクシーポイントは「長身からの長い脚」

  5. 4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

  6. 文在寅派、支持率ガタ減り…「性犯罪日常化政党」との指弾も 韓国で依然根強い「反日左翼」勢力 与党は6月統一地方選で大勝か

  7. 乙武洋匡氏、今夏の参院選出馬へ 大激戦の東京選挙区 水道橋博士も「れいわ新選組」から出馬表明 「スポーツ報知」報道

  8. 【テレビ用語の基礎知識】「優等生タイプ」 最近のテレビマンはこのタイプが多いが…テレビのオワコン化脱却はどれだけ「上とけんかして、下を守れるか」にかかっている

  9. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  10. 自民・高市政調会長、決然と批判! 韓国の竹島調査疑惑「外交儀礼上、問題がある」