ニュースの核心

ロシア〝茶番劇〟で強まったウクライナ侵攻の可能性 わずか25分間の日露首脳会談では…「外交の岸田」の底割れる1/3ページ

プーチン露大統領(ロイター)
プーチン露大統領(ロイター)

ウクライナ情勢が緊迫している。ロシアは外交協議を続ける姿勢を示しているが、期待できない。岸田文雄首相は17日夜、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と電話会談した。ただ、通訳も入れて、わずか約25分間では、突っ込んだ話は無理だ。「外交の岸田」の底が割れた。

岸田政権は、この危機にどう対応しているのか。

ラブロフ外相
ラブロフ外相

松野博一官房長官は16日の会見で「重大な懸念をもって注視している」「ロシアによる侵攻が発生した場合には、わが国として制裁を科すことも含め、実際に起こった状況に応じて、G7(先進7カ国)をはじめとする国際社会と連携し、適切に対応していく」と述べた。

情勢を「注視する」だけなら、誰でもできる。制裁についても「状況に応じて対応する」というだけだ。こういうのを「場当たり外交」と呼ぶ。これでは抑止にならない。

林芳正外相は、と言えば、15日にロシアのマクシム・レシェトニコフ経済発展相とオンラインで日露経済関係について会談した。ウクライナ情勢に懸念も表明したようだが、いま経済協力を語っている場合なのか。逆だろう。これでは、欧米の経済制裁に「日本は手抜きしますから、ご心配なく」と言ったようなものだ。この外交センスには、あきれるほかない。

zakスペシャル

ランキング

  1. ほかにもある自治体の誤送金 回収に四苦八苦の現場…億超えの大阪・寝屋川市や福島・天栄村など 督促申し立てを行うと10万円以上の経費

  2. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  3. 国会は「対中非難決議」の覚悟決めろ 内部資料流出、ウイグル問題で動かぬ証拠 「骨抜き決議」に批判 有本香氏「毅然と事実を示していくべき」

  4. 【EV放浪記】ホンダeの12カ月点検 回生ブレーキ多用で減らないブレーキパッドは錆だらけ 車体下側は凹凸少なくスッキリ

  5. 日本の核シェルターの現状 人口1.2億人に対し収容できるのは2.4万人

  6. ゼレンスキー大統領が激怒! キッシンジャー氏の「領土割譲案」に「ロシアの利益を考慮しよう、という人が必ずいる」

  7. 【最新国防ファイル】陸自唯一の機甲師団「第7師団」 ロシアが仮想敵のずば抜けた戦闘力 いまは領土防衛のため機動展開の部隊に変革

  8. 【新・親も知らない今どき入試】関関同立合格者ランキング 滋賀・膳所が圧勝 大阪・大手前、四條畷も急伸 首都圏ほど中高一貫校が発達しておらず公立校が優勢

  9. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  10. 元欅坂46・今泉佑唯「母ひとり子ひとりで子育て中」と明かす ユーチューバー引退のワタナベマホトと既に破局か