2030札幌はどうなる…最有力も課題は開催経費 物議を醸した「北京冬季五輪」閉幕 日本は冬季最多の18メダル 1/2ページ

「雪の結晶」でフィナーレを迎えた閉会式(共同)
「雪の結晶」でフィナーレを迎えた閉会式(共同)

【北京20日=内藤怜央】世界初の夏冬両季開催となった北京冬季五輪が20日、閉幕した。日本は冬季五輪最多となる18個のメダルを獲得した一方で、フィギュアスケートのドーピング問題、ジャンプのスーツ規定違反などの判定が物議を醸し、五輪の政治利用との批判もあった。2030年に2度目の開催を目指す札幌冬季五輪の機運は高まったか―。

同日に北京の国家体育場(通称「鳥の巣」)で行われた閉会式は、「雪の結晶」のオブジェの下にランタンを手にした子供たちが登場し、拡張現実(AR)技術を使った赤い巨大な中国結びなどが目を引いた。同日に銀メダルを獲得したカーリング女子の藤沢五月(30)らも参加し、日本選手団が手をつないで大きな円を作る場面も見られた。

日本選手団も笑顔で入場した(彦野公太朗撮影)
日本選手団も笑顔で入場した(彦野公太朗撮影)

日本勢は冬季大会最多の18個のメダルを獲得。スピードスケート女子の高木美帆(27)が金メダルを含む4個のメダルを手にし、スノーボード男子ハーフパイプの平野歩夢(23)、スキージャンプ男子ノーマルヒルの小林陵侑(25)も金メダルを獲得。メダルには届かなかったものの、フィギュアスケート男子の羽生結弦(27)のクアッドアクセル(4回転半ジャンプ)への挑戦も話題を集めた。

中国は新型コロナウイルスの感染拡大を厳しいバブル方式で封じ込め、大会成功をアピールしたが、課題も多かった。

フィギュアスケートでは、ロシア・オリンピック委員会(ROC)のカミラ・ワリエワ(15)からトリメタジジンなどの薬物が検出され、団体戦のメダル授与式が行われなかった。新種目のノルディックスキージャンプ団体混合では、日本の高梨沙羅(25)を含む5選手がスーツ規定により相次いで失格したほか、スノーボードの不可解な採点、スピードスケート・ショートトラックでも、不可解な判定をめぐって論争が巻き起こった。

zakスペシャル

ランキング

  1. ほかにもある自治体の誤送金 回収に四苦八苦の現場…億超えの大阪・寝屋川市や福島・天栄村など 督促申し立てを行うと10万円以上の経費

  2. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  3. 国会は「対中非難決議」の覚悟決めろ 内部資料流出、ウイグル問題で動かぬ証拠 「骨抜き決議」に批判 有本香氏「毅然と事実を示していくべき」

  4. 【EV放浪記】ホンダeの12カ月点検 回生ブレーキ多用で減らないブレーキパッドは錆だらけ 車体下側は凹凸少なくスッキリ

  5. 日本の核シェルターの現状 人口1.2億人に対し収容できるのは2.4万人

  6. ゼレンスキー大統領が激怒! キッシンジャー氏の「領土割譲案」に「ロシアの利益を考慮しよう、という人が必ずいる」

  7. 【最新国防ファイル】陸自唯一の機甲師団「第7師団」 ロシアが仮想敵のずば抜けた戦闘力 いまは領土防衛のため機動展開の部隊に変革

  8. 元欅坂46・今泉佑唯「母ひとり子ひとりで子育て中」と明かす ユーチューバー引退のワタナベマホトと既に破局か

  9. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  10. 【新・親も知らない今どき入試】関関同立合格者ランキング 滋賀・膳所が圧勝 大阪・大手前、四條畷も急伸 首都圏ほど中高一貫校が発達しておらず公立校が優勢