取手競輪「第37回全日本選抜」GⅠ初白星の嘉永泰斗1/1ページ

嘉永泰斗
嘉永泰斗

今年最初のGⅠ「第37回全日本選抜競輪」が茨城県・取手競輪場で20日に開幕した。初日は一次予選9個と特別選抜予選3個レースが争われた。地元のSS吉田拓矢(茨城)は11R特選に出走。人気を集めたが深谷知広(静岡)のパワフルな先行に屈し「厳しい展開になった。内に詰まってしまったので」と6着に終わり、渋い表情でレースを振り返った。2日目(21日)は二次予選11Rは頼もしいライン構成で、後ろは同県の吉沢純平(茨城)で3番手をマーク巧者の神山拓弥(栃木)が固めて茨栃3車が結束。「しっかりと力を出し切って3人で決めたい」と準決勝進出を狙う。

注目したいのは一次予選4RでGⅠ初勝利をあげた熊本の新進気鋭・嘉永泰斗だ。逃げる町田太我(広島)を4番手からのまくりで沈め「うれしいです」と満面の笑みを見せた。ここに向けてほどよく仕上がったようで「直前の感触は良かったので。いい状態で臨めている」と胸を張る。

昨年10月に久留米で行われた熊本競輪開設71周年記念でGⅢ初優勝を飾った。九州の大先輩である北津留翼(福岡)が熊本勢のために前回りをかって出てくれて、嘉永は番手まくりを敢行した。「これからは先頭で九州を引っ張っていけるように」とその時に誓いを立てた。

二次予選9Rでは井上昌己(長崎)を引き連れ、誓いどおりの早めの仕掛けを心がけ、格上のSS清水裕友(山口)に立ち向かう。

zakスペシャル

ランキング

  1. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  2. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  3. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国

  4. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  5. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  6. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  7. プーチン氏の「カネ」知る大富豪〝怪死〟 裏切り者を口封じか 妻と娘と無理心中、一家心中、霊媒師宅の地下室で死亡…すでに8人

  8. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  9. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  10. 【艶グラドル】美澄衿依、趣味は“かわいい子探し” 初DVD「Ellie」を発売