経営者目線

国より埼玉県の大野知事を支持したい!! ワタミ居酒屋「40店舗閉店」の裏側1/2ページ

ラジオの企画で、埼玉県の大野知事とオンラインで対談した=17日
ラジオの企画で、埼玉県の大野知事とオンラインで対談した=17日

ニッポン放送の番組で埼玉県の大野元裕知事と対談した。参院議員時代から党は違えども、意見交換をする間柄だ。

大野氏は「第6波」に入る1月末、国が接種証明や陰性証明を活用して行動制限を緩和する「ワクチン・検査パッケージの一時停止」を決めたことを痛烈に批判した。「一時停止するのなら、国にどう経済活動を進めるのか聞きたい」と国に迫った。私もかねてからワクチンパスポートの活用を提言してきただけに大野知事の意見を支持する。

「飲食店が危ないのはわかったが、少しずつ時間を重ねる中でどうすれば感染を抑制できるかを経験してきた。『第1波』に戻って全部ダメというのではなく、積み重ねてきたことをしっかりしよう」と大野知事。

その中で、「成人式では、開放的なお酒の飲み方をする。埼玉県内の会場の3分の2で陽性者が出たが、実は会場よりも飲食店やカラオケだった。一方で同じ時期に新年会などでは陽性者は出なかった」とエビデンスを示す。人が集まれば感染するのではなく、対策を徹底しない場所がリスクになることが分かる。

埼玉県は現在も独自の「ワクチン・検査パッケージ」で、証明書があれば、アルコールや人数制限が緩和される。しかし、埼玉のワタミ直営店は混乱した。制度を知らないために証明書を持ち歩く人がいない、よって緩和の効果がまったく得られない。それでも大野知事は「腹をくくってやっていく」と語っていた。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】全選挙区122人「女の戦い」 猛追する東京・海老沢氏 踏ん張る大阪・松川氏 知名度で自民に追いつくか愛媛・高見氏 政治ジャーナリスト分析

  2. AV新法成立でも終わらぬ議論 知識人4人が考える「AVの今と未来」

  3. 【芸能ニュース舞台裏】歌えるうちに辞める加山雄三、活動休止の波紋 スタッフは新たな「職場」探しに…サザンのライブが業界全体を活性化へ

  4. 【保守とリベラル】参院選後、岸田首相への注文 世論に過度に迎合することなく抜本的改革を! 憲法改正、外交で安倍元首相の活用も

  5. 【日本の解き方】ロシアのウクライナ侵攻が「終結」するシナリオはあるのか 甘受せざるを得なくなる米国の支援次第という現実

  6. 【大前研一のニュース時評】NTTグループの画期的な働き方の新制度 勤務場所は原則自宅、本社に呼ばれたら出張扱い

  7. パドレス退団の秋山翔吾、古巣の西武には戻りづらい? 「自分が戻ることで、面白くないと思う人がいるんじゃないか」

  8. 【メジャーの旅】陽岱鋼、米独立リーグで野球を楽しむ 本人いわく「ゼロからのスタート」も あふれる笑顔の野球少年に

  9. 【するりベント酒】威張ってない、偉そうにしてない…新潟の弁当は期待以上においしかった! 「五目釜めし弁当」

  10. 【2022年夏・参院選】激戦!有名候補も危ない!? 首都圏・近畿圏13選挙区当落 東京、残る1議席を争う3氏 政治評論家・有馬晴海氏が情勢分析

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ