モテる男の1万円服装術

真冬のデートスタイル(2) 「防寒」感じさせない上品なスラックス1/2ページ

グレースラックスを軸とした真冬のデートコーディネート
グレースラックスを軸とした真冬のデートコーディネート

「おしゃれはやせ我慢」というのは、過去の話。身体の冷えは健康だけでなく日々のパフォーマンスにまで影響を及ぼします。だからこそ「真冬の防寒」は手を抜けません。しかし、「防寒するほど、やぼったい印象に陥る」というのも事実です。

そこで注目したいのが、ユニクロのヒートテックに代表される「機能下着」の活用です。ヒートテックはもはや真冬デート服の基本アイテムといっていいでしょう。

そのバリエーションは上半身だけでなく、下半身を冷えから守るタイツにも広がっています。ただし、実はこのタイツこそが印象をやぼったく見せる原因のひとつです。そこで今回は、「タイツを好印象にするパンツ戦略」を紹介します。

2000年代からジャストフィットのカジュアルパンツが浸透し、今も愛用している人は多いですが、フィットしたパンツ越しにタイツの質感が浮かび上がると、足全体がむくんで見えてしまいます。

とはいえ、現在流行している太いパンツは、どの世代にも似合うとは言い切れないものです。そこで私は、真冬デートにはスラックスのコーディネートをお勧めしています。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「政界屈指の親中派」林外相の留任は地雷か 岸田首相が茂木氏らと人事協議 識者「適任でない」「保守層離れる」

  2. 高市氏の防衛相が浮上 内閣改造、林外相留任で「親中派内閣」の懸念 旧統一教会との関係、局面転換を狙う官僚の処遇にも注目

  3. 【マンション業界の秘密】米中韓で不動産価格が下落、日本は? 日銀がかたくなに「異次元金融緩和」を維持する理由

  4. 岸田文雄首相「急転直下の内閣改造」で焦点になる「旧統一教会と関係深い安倍派」の処遇

  5. 【心肺停止の中国】半導体最大手・TSMCをそっくり強奪 ウクライナと異なる台湾侵攻 戦える?実戦経験ない中国兵と「ゼレンスキー効果」で士気高まる台湾人

  6. 【心肺停止の中国】中国経済の〝ゾンビ状態〟さらに悪化 若者の失業率40%超、住宅ローンの債務残高960兆円 地方のショッピングモールでは売り子があくび

  7. 広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由

  8. 日本人初メジャー2勝逃すも…しぶこ、涙のちスマイル!1打差3位

  9. 米国で一斉「中国スパイ狩り」 FRBも標的、工作員とつながる13人を特定 「対日諜報活動も高まる可能性」石平氏

  10. 与党内紛、物価上昇、高い貧困率…韓国・尹大統領の止まらぬ支持率低下

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ