ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!

「二枚舌」岸田・林外交に国内外から厳しい視線 象徴的な日米首脳「オンライン会談」 直後にカタールとは対面…政府関係者も嘆息1/2ページ

岸田首相(右)と林外相。米国の信頼を得ていないようだ
岸田首相(右)と林外相。米国の信頼を得ていないようだ

岸田文雄首相と、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領との電話首脳会談が予定されていた15日、外務省では林芳正外相が、ロシアのマクシム・レシェトニコフ経済発展相とテレビ電話会議で、日露経済協議に臨みました。

林氏は冒頭、ウクライナ情勢への重大な懸念を表明したものの、「経済分野での日露協力が(中略)日露関係全体を発展させることに資する」などと発言しました。

この岸田・林外交について、国内外から批判が上がっています。

ウクライナで取材・発信を続ける国営ウクルインフォルム通信編集者の平野高志氏は、私が担当するニッポン放送「飯田浩司のOK!COZY UP!」(月~金曜午前6―8時)で、次のように指摘しました。

「今苦しんでいるウクライナの人から見れば、日本政府は二枚舌に見える」「『対露制裁は行うが、経済協力もするから許してほしい』という誤ったメッセージを送ることになりかねない」「日本が国際社会の連帯に穴を作ってはいけない」

どっちつかずのスタンスが、自由主義諸国の連携に水を差しかねなかったのは、北京冬季五輪の「外交的ボイコット」決定の遅さとも重なります。国際社会、とりわけ米国はそんな日本をどう見ているのでしょう。

zakスペシャル

ランキング

  1. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  2. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  3. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国

  4. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  5. プーチン氏の「カネ」知る大富豪〝怪死〟 裏切り者を口封じか 妻と娘と無理心中、一家心中、霊媒師宅の地下室で死亡…すでに8人

  6. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  7. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  8. 中国など「日本包囲」鮮明、岸田外交に試練 ガス田開発、東シナ海に構造物設置の動き 韓国、ロシア…周辺国の圧力強まる

  9. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  10. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権