テレビ用語の基礎知識

諦めきったテレ朝よ「本質的な改革」を 「社長が変わってもどうせ何も変わらない」と〝投げやりな声〟1/2ページ

テレビ朝日が揺れている
テレビ朝日が揺れている

テレビ朝日の前社長、亀山慶二氏(63)の突然の辞任は衝撃的だった。会社経費の私的使用など不適切な行為が確認されたというのがその理由だ。いったいテレビ朝日で何が起きているのか。本紙で「テレビ用語の基礎知識」を連載する元テレビ朝日のテレビプロデューサー、鎮目博道氏が問題点を深掘りする。

私はテレビ朝日のOBです。ホント、テレ朝のスキャンダルが止まりませんね~。今月8日には部長が詐欺容疑で逮捕。そして10日には、経費約60万円を私的使用したとして亀山氏が社長を辞任。昨年起きたスポーツ局のカラオケ転落騒動やらなんやら、もういつ何が起きたのか書ききれないくらいです。

亀山氏の辞任は「60万円の私的使用」が原因とは思えないという声があちこちから上がってます。確かに、あの年代の出世したテレビマンで飲み食いに60万円程度の金を流用していない人はぶっちゃけ、ほぼ誰もいないでしょう。その程度で辞任していたら、どこの局も役員が誰もいなくなっちゃいますよ…、まあそれも悲しい話ですけどね。

「スポーツ局との確執」が本当の原因だという話は他の記事にお任せして、私が改めて問いたいのは、「社長が辞任しても、テレ朝の内部から少しも驚きの声が聞こえてこないこと」です。「ああ、またかよ。社長がクビになってもどうせ何も変わらないよ」という、何とも投げやりな声しか聞こえてきません。

私はいろんなメディアにテレビの批評を書かせてもらっています。「業界内部から厳しい批判をしないと、テレビ局の現状は変わらない」と思って、かなり辛口のことを書かせてもらっていますが、テレ朝に関しては「なんかしばらく悪口を書くのは止めようかな」と思ってしまいます。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】あるぞ、大どんでん返し!東京・大阪〝14激戦区〟 優勢の自公与党、野党も必死の巻き返し ピンチの現職が相次ぎ鬼気迫る訴え

  2. 中国のふざけた妄言、尖閣周辺に侵入「日本の右翼漁船に対する法執行だ」 中露艦艇に弱腰の政府「参院選真っただ中の岸田政権を威嚇」識者

  3. ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”

  4. 朝ドラヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 「ブギの女王」歌手・笠置シヅ子がモデル、来秋スタート『東京ブギウギ』

  5. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】CM曲はミリオン記録の絶大効果 明菜が味わった屈辱…担当者の「所属歌手だったのか」に失望も

  6. 徴用工問題の「皮算用」 韓国、参院選後に妥協案取り付け画策 岸田政権を軽視?「『日本国内の世論を気にせず…』と侮っている」

  7. よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」

  8. 〝第7波襲来〟か 東京でコロナ感染倍増、全国でも1・8倍のハイペース 観光支援の先送り示唆 問われる政府と自治体の姿勢

  9. 【日本の解き方】日銀は金利上昇を容認するか 「売り仕掛け」には負けないが、非常識人事で内部崩壊懸念も

  10. 【2022年夏・参院選】〝民主王国〟長野にヒビ 激戦、立憲・杉尾氏に新人の松山三四六氏が猛追 後援会「千曲会」分裂を契機に自民反撃か

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ