テレビ用語の基礎知識

諦めきったテレ朝よ「本質的な改革」を 「社長が変わってもどうせ何も変わらない」と〝投げやりな声〟2/2ページ

そのくらいテレ朝の局内は諦めきってしまっているように見えます。まるでパンチドランカーのボクサーが殴られても反応しなくなってしまっているようです。OBとしてなんとか励まさないと、このままマジでテレ朝はダメになってしまいそうです。

言っときますけど、僕は何の取りえもないのに無謀にもテレ朝を辞めて外に飛び出した単なるフリーのオッサンですよ。本来ならテレ朝が僕のことを心配してほしいのに、僕がテレ朝を心配してどうするんですか? 本当にしっかりしてほしいです!

「社長が変わってもどうせ何も変わらない」というところに、この問題の本質が隠れている気がします。社長が変わる程度ではない、もっと「本質的な改革」がテレ朝には必要なんだと思います。もっと若返らなきゃいけないし、もっと改革を進めないといけないし…。

僕に言われなくてもテレ朝内のみんなが分かっていると思います。もちろんトップも分かっていると思いますよ、非常に仕事のできる方ですから。

ぜひ、「決断すべきこと」をもうそろそろちゃんとしてほしいです。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「影武者説」も浮上する異変…プーチン大統領の体調と心理 外交は孤立化へ焦り、ウクライナ戦況に影響も

  2. 「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5

  3. 中国で新種ウイルス…35人が感染 「狼牙へニパウイルス」とは 宿主は「トガリネズミ」

  4. 【マンション業界の秘密】中国のマンション業界は驚くことだらけ! デフォルトになった不動産会社がいまだに存続 空室1億戸も

  5. 栗山ジャパン、WBCで真のドリームチーム結成か 〝隠れ侍〟日系メジャー選手抜擢も含めた構想を披露

  6. 【ドクター和のニッポン臨終図巻】バイオリニスト・佐藤陽子さん 満足いく最期に少し安堵 死因は肝臓がんとの発表

  7. フジテレビ・山崎夕貴アナの〝嫁力〟がすごいと話題 夫の実家にひとりで帰省…「私、ぜんぜん気を使わなくて」

  8. 習主席の3選危機と台湾有事 ペロシ氏訪台で過敏に反応、背景に米民主党と「反習派」の〝闇連携〟 国際投資アナリスト・大原浩氏が緊急寄稿

  9. ヒカキン出演のイベントで不審者乱入…生配信で震撼「恐怖映像だった」 「いいとも」放送事故思い出す人も

  10. 東国原英夫氏が宮崎県知事選出馬へ 「『宮崎が元気がない、盛り上げてくれ』との意見を頂戴している」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ