インフル感染が極めて低水準のワケ コロナ流行の副産物か 二重苦の懸念もどこへ カギは水際対策の影響1/1ページ

新型コロナウイルスが「第6波」まで勢力を拡大するなか、例年、国内で秋から春にかけて流行するインフルエンザが極めて少ない状況だ。新型コロナとの二重苦になる懸念もあったが、昨シーズンを含め2季連続で低い。専門家は新型コロナの水際対策の影響で海外からの流入が少ないのが主因とみる。

厚生労働省などによると、全国の約5000の医療機関から7~13日の1週間に報告を受けた感染者数は14府県の37人。17年秋~18年春、18年秋~19年春の各シーズンのピーク時には1医療機関当たり全国で50人を超える報告があったが、今季は0・01人で、昨シーズンの0・02人と同様に少ない。昨年秋以降、流行入りの目安である1を上回った週はなく、学級閉鎖も兵庫県の1校だけだ。

中国や欧米では一部の地域で流行している。米疾病対策センター(CDC)は今シーズンに米国で少なくとも230万人が感染し、2万2000人が入院、1300人が死亡したとの推計を発表した。

日本感染症学会インフルエンザ委員会の委員長を務める石田直・倉敷中央病院副院長(呼吸器内科)は、手洗いやマスク着用などの徹底に加え「海外との人的交流を減らすことが日本ではより徹底されていたのだろう」と指摘。新型コロナの水際対策がインフルエンザの流行抑制にも効果があったとみている。

zakスペシャル

ランキング

  1. 消えたはずの「日の丸」が映画本編で復活 27日公開「トップガン」続編 予告編ではトム・クルーズのジャケットが別マークに修正も

  2. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  3. 「竹島専従」新型調査船が就航 韓国に関係改善の意思なし? 外交ルートで抗議も相次ぐ反日暴挙 実効支配強化が加速する恐れ

  4. 北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる

  5. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】「AL―MAUJ」誕生の真実 シングル化が遅れ…佐藤さんのアルバムに 「『難破船』に続いてまたカバー曲か」は正直心外

  6. 豪・印に懸念材料 QUAD首脳会談 「親中の歴史」豪労働党への不信で亀裂も 経済制裁に参加せず密接なインドとロシア

  7. 【スポーツ随想】物言いに尻込む新米審判たち 大相撲夏場所、際どい場面も手を挙げず…ついに八角理事長から〝物言い〟 いまや宝の持ち腐れのビデオ導入

  8. プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認

  9. ロシア外交官が侵攻に抗議し辞任 「プーチンの侵略は犯罪」痛烈 ラブロフ外相にも「核兵器で世界脅す人物に成り下がった」

  10. 浦和サポーター「声出し問題」クラブに丸投げ 野々村チェアマン“大甘裁定”で違反増長か お家芸のルール違反「埼スタ怖くて行けない」の声