ニュースの核心

プーチン大統領、チェルノブイリ制圧〝核恫喝〟か 歯止めにならない「戦意なき経済制裁」の教訓 日米、中国・北朝鮮に抑止力で意思を示せ1/3ページ

日本が学ぶべき教訓とは

ロシア軍のウクライナ侵攻は25日も継続している。米国防総省やウクライナ政府によると、ロシア軍は多方向から侵入し、首都キエフや各地の軍事施設を160発以上のミサイルで空爆した。ウクライナ軍兵士40人以上が死亡し、一般市民にも死傷者が出ているとの情報がある。国際秩序を破壊する許しがたい暴挙である。ロシア軍はチェルノブイリ原発を制圧し、キエフ陥落が近いとの報道もある。ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は「核保有国」であることを強調して恫喝(どうかつ)する。ジョー・バイデン米大統領は「プーチンは侵略者だ」と批判し、西側諸国とともに追加制裁を発表した。ジャーナリストの長谷川幸洋氏は「日本が学ぶべき教訓」に迫った。

プーチン大統領率いるロシア軍が24日、ウクライナ侵攻を始めた。米国は欧州や日本とともに経済制裁で戦争を抑止しようとしたが、効果はなかった。日本への教訓も、ここにある。

プーチン大統領は、世界の警告を無視して、軍事作戦の実行を決めた(ロイター)
プーチン大統領は、世界の警告を無視して、軍事作戦の実行を決めた(ロイター)

プーチン氏の強気を支えているのは、「米国やNATO(北大西洋条約機構)には、戦う意思がない」という判断だろう。ジョー・バイデン米大統領は昨年12月時点で、早くも「米軍は派遣しない」と明言していたからだ。

プーチン氏にとっては、どんな制裁を受けようと、米欧との戦争にならないなら、「ウクライナ侵攻は十分、リスクに見合う挑戦」なのだ。2014年のクリミア侵攻では、1年後にCNNのインタビューで「核兵器を使う準備をしていた」と語っている。

核戦争すら覚悟していた独裁者に対し、「戦争に勝利者はいない」などと言葉で説得しても、無駄だ。まして経済制裁では、とても止められない。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】京都選挙区で福山氏VS前原氏、かつての〝盟友〟が火花! 旧民主党&松下政経塾の先輩後輩がなぜ 両氏を直撃取材

  2. 韓国政府の魂胆は!? 徴用工めぐり〝30億円新基金〟設立案が浮上 解決済み問題を蒸し返す動きか 「日本側が協力する必要はない」識者

  3. 元「KAT―TUN」田中聖容疑者を逮捕 覚醒剤所持

  4. 元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」

  5. 【松井一郎 維新伝心】「煮え切らない態度」で岸田内閣の支持率急落 「節電ポイント」は〝愚策〟と言うしかない 令和の構造改革断行を

  6. 【アイドルSEXY列伝】あいだもも 掲載順を知らずに事務所から猛抗議、古くから存在していた〝情報解禁〟という制度

  7. 「冷戦時代の遺物」プーチン大統領、NATOを恫喝 北欧2国に軍事施設なら対抗措置 新たな戦略概念に「何の新しさもない」

  8. 猛暑で警戒「スマホ熱中症」 高温下の利用で端末に異常、故障や発火も 急な冷却NG、対処法は「10円玉」!?

  9. 【2022年夏・参院選】山形選挙区、自民と国民〝ドタバタ劇〟の後遺症は? 自民選対委員長のおひざ元 「山形方式」も足並み乱れ大内氏に好機

  10. 韓国の大手財閥「現代自動車グループ」むしばむ帝国主義労組 600億ドル規模の対米投資に労使協約に反すると猛反発

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ