日本の解き方

円の「実力低下」はミスリード 通貨安の主要国はほかにも多いが…経済成長との明確な関係はなし2/2ページ

なお、現在と46年前を比べると、日本は同程度の数値であるが、ノルウェー、英国、カナダ、オーストラリア、シンガポール、ドイツ、ポルトガル、メキシコ、フィンランド、スウェーデン、台湾、韓国ではかなりの自国通貨安になっている。

日本の実質実効為替レートをみると、1990年代までの比較的高い成長期に円高、その後、「失われた30年」で円安となっているので、円高のほうがいい印象になっているが、前述の例で分かるように、経済成長との明確な関係は見られない。

ちなみに、ユーロ圏はユーロ以前は各国独自通貨のため、実質実効為替レートはそれぞれの動きで、ユーロ導入後は当然ながらほぼ似た動きになっている。だが、それぞれの国の経済活動は全く同じようにはなっていない。

こうしてみると、実質実効為替レートは対ドルなど2通貨のレートでは把握できない総合的な通貨の購買力を示す指標としては意味があるが、しばしばいわれる「通貨の実力」との表現はややミスリードではないか。

そう表現すると、国力や経済力までイメージしてしまうが、そこまでの「実力」はないだろう。その証拠に、日本よりはるかに自国通貨安が起きている他の国で、実質実効為替レートが話題になることはあまりなく、実際の外国為替市場の取引で指標となることもほとんどない。

46年前と比較して、自国通貨安になっている国は前述のとおり少なくないが、それらの国で特に大きな問題は起きていない。 (元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 徴用工問題の「皮算用」 韓国、参院選後に妥協案取り付け画策 岸田政権を軽視?「『日本国内の世論を気にせず…』と侮っている」

  2. 【エロス&バイオレンスの極み 石井隆の世界】闘病生活の根津甚八を引っ張り出し…涙なくして語れない、一度限りのスクリーン復帰 「GONIN/サーガ」

  3. 朝ドラヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 「ブギの女王」歌手・笠置シヅ子がモデル、来秋スタート『東京ブギウギ』

  4. 大谷vsアルバレス〝一騎打ち〟球宴最終投票スタート メジャー最大注目、DH部門の行方 スター性では大谷に軍配

  5. 〝第7波襲来〟か 東京でコロナ感染倍増、全国でも1・8倍のハイペース 観光支援の先送り示唆 問われる政府と自治体の姿勢

  6. 【日本の解き方】歴史的転換期迎えたNATO、中国とロシアへの懸念を明示 北大西洋地域を超え「アジア版」に拡大する戦略も

  7. よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」

  8. 68兆円没収、プーチン大統領ら資産を復興資金に ウクライナ首相が要請「甚大な被害の責任は彼らに負わせるべき」

  9. 【日本の選択】参院選、与野党とも緊張感が欠けているのでは 「野党の話は聞かない」山際再生相の発言、旧態依然の「憲法9条論」語る護憲派野党

  10. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】CM曲はミリオン記録の絶大効果 明菜が味わった屈辱…担当者の「所属歌手だったのか」に失望も

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ