ブラックジャックを探せ

マウスピースで「睡眠時無呼吸症候群」対策 片平歯科クリニック(東京都渋谷区)院長・片平治人さん1/2ページ

片平治人院長
片平治人院長

就寝中に呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」。熟睡しているつもりでも、実際には浅い眠りが続いているため、日中に眠くなって作業の効率が下がるほか、交通事故の原因にもなる。

加えてSASは、断続的な無呼吸状態が心臓に負荷をかけるため、心筋梗塞や脳梗塞などのリスク要因でもある。

まだSASが社会問題として浮上し始めたばかりの25年前から対策に取り組んできたのが、東京・代々木にある「片平歯科クリニック」院長の片平治人歯科医師。その実績は連携先の睡眠クリニックから高い評価を得ている。一般歯科も行う同クリニックにおいて、SAS関係の患者が全体の半数を超えるほどだ。

「下あごを少しだけ前に出すマウスピースを作って、寝るときに装着することで喉の気道を確保する治療法。重症になると鼻にマスクを着けて空気を送り込むCPAPという機器を使わなければならなくなりますが、軽症から中等症ならマウスピースで改善できます」

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【日本の解き方】与党の「消費減税で年金カット」発言は国民に対する恫喝そのものだ 消費減退という指摘も的外れ

  2. プーチン大統領周辺でまた…謎の拳銃〝自殺未遂〟 「核のカバン」を運ぶ大佐、20年以上の責任者 オリガルヒ類似 「健康不安説を握る人物か」識者

  3. ハリセンボン・はるか大喜利でブレークなるか 「IPPON女子グランプリ」で名回答連発! 「松本人志が得点入れ忘れるほどウケたのは衝撃」演劇関係者

  4. 【2022年夏・参院選】「エネルギー」最大争点に 「サハリン2」の衝撃でリスク再認識 プーチン氏が日本勢排除の大統領令に署名 主要9党の政策に注目

  5. 【艶グラドル】MIYABIの趣味はビキニ集め 「ショーツは必ず面積の狭いTバックかブラジリアン」ヒップラインに自信あり!

  6. 【ニュースの核心】支持率急落の岸田内閣 国民に「何もしない」本質を見抜かれたか 節電ポイント、核共有議論…その場しのぎの弥縫策で火傷の可能性

  7. 「こんなこと放送してええやつか?」千鳥・大悟、芸人仲間から〝スキャンダル砲〟 セクシー女優から「素敵な思い出をありがとう」伝言も

  8. 日大「N・N」改革に旧田中派の壁 林真理子氏が新理事長に就任 「問題の本質は独裁体制を許した周囲に」識者

  9. 【沖縄が危ない!】50年前と同じ見出し…本土との分断煽るような沖縄の主要紙 いまだに米軍基地負担に苦しんでいることのみに焦点

  10. 【大前研一のニュース時評】シャープ会長を退任した戴正呉氏の3つのメッセージ 「逃げてはいけない」「早く泳ぐ魚に」「日本の宝」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ