国家の流儀

オバマ政権の「核なき世界」がロシア、中国、北朝鮮を増長させた 外務省の外交専門誌に掲載された論文1/2ページ

オバマ元大統領
オバマ元大統領

「外務省は何をやっているんだ」みたいな批判をよく聞くが、逆の意味で「外務省は一体どうしたんだ」と思うことがあった。

先日、自衛隊幹部OBから「外務省発行の外交専門誌『外交』の最新号を読みましたか?」と連絡をいただいた。「『外交』1・2月号に掲載されている村野将(まさし)氏の論文は面白いので、ぜひ読んでみてください」というのだ。

村野氏は、米ハドソン研究所の研究員で、安全保障の専門家だ。その彼がオバマ元大統領の「核なき世界」についてこう書いている。

《「核なき世界」を掲げたオバマ政権は、米国が率先して安全保障における核の役割を減らしていくことで、他国もそれに追随して世界がより安全になっていくことを期待していた。しかしその後の十数年間で、世界は真逆の方向に進んだ》

バラク・オバマ米政権は、核兵器をなくして世界平和を実現しようとしたが、現実は逆効果だったとして、村野氏はこう続ける。

《ロシアは、西側諸国との軍備管理上の約束をことごとく破り、一四年には核による脅しをもちらつかせてクリミアを併合した。台湾への圧力を強める中国は、核戦力の備蓄・配備状況や運用の実態に透明性がなく、二一年には公開情報分析によって、二〇〇カ所以上のICBM発射施設を新設していることが発見された。(中略)北朝鮮の非核化は全く進んでいないどころか、ミサイル戦力のさらなる多様化に突き進み、連日発射実験を繰り返している》

zakスペシャル

ランキング

  1. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  2. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  3. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  4. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国

  5. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  6. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  7. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  8. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  9. 【艶グラドル】美澄衿依、趣味は“かわいい子探し” 初DVD「Ellie」を発売

  10. ロッテ・佐々木朗希、交流戦でサトテルに〝リベンジ〟 「退治しないことには次へのステップに進めない」球団関係者