国家の流儀

オバマ政権の「核なき世界」がロシア、中国、北朝鮮を増長させた 外務省の外交専門誌に掲載された論文2/2ページ

今年に入って、北朝鮮が連続してミサイル発射実験を行い、その射程は日本全土を収めている。ウクライナに対するロシアの圧迫も、軍事力の背景があってのことだ。

《これらの国々は、核の脅しを背景に、米国が介入意思を固める前に通常戦力による現状変更を達成しようという、おおむね共通した戦略を持っている。つまり、米国とその同盟国は史上初めて、現状変更を意図する三つの核武装国を同時に抑止しなければならない状況に置かれている》

よって日本も、中国や北朝鮮のミサイル・核兵器に対抗するため「敵基地反撃能力」を保持せざるを得なくなってきているわけだ。村野氏も、従来の対米依存の防衛ではダメだとして、こう提案する。

《中国・北朝鮮のミサイル能力の増勢ペースに鑑みれば、もはやミサイル防衛と米国の抑止力だけに頼って日本を守ることは困難になった(中略)したがって、日本には残存性に優れ、相手の防空網を確実に突破できる地上発射型の中距離弾道ミサイルが必要となる》

外務省の専門誌が米国の核軍縮を批判し、敵基地反撃能力の保持を訴える論文を掲載しているのだ。時代は大きく変わってきている。

■江崎道朗(えざき・みちお) 評論家。1962年、東京都生まれ。九州大学卒業後、月刊誌編集や国会議員政策スタッフなどを務め、安全保障やインテリジェンス、近現代史研究などに従事。「江崎塾」を主宰。著書『日本は誰と戦ったのか』(KKベストセラーズ)で2018年、アパ日本再興大賞を受賞、19年はフジサンケイグループの正論新風賞を受賞した。著書に『日本人が知らない近現代史の虚妄』(SB新書)、『インテリジェンスで読み解く 米中と経済安保』(扶桑社)など多数。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 〝第7波襲来〟か 東京でコロナ感染倍増、全国でも1・8倍のハイペース 観光支援の先送り示唆 問われる政府と自治体の姿勢

  2. よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」

  3. 徴用工問題の「皮算用」 韓国、参院選後に妥協案取り付け画策 岸田政権を軽視?「『日本国内の世論を気にせず…』と侮っている」

  4. 大谷vsアルバレス〝一騎打ち〟球宴最終投票スタート メジャー最大注目、DH部門の行方 スター性では大谷に軍配

  5. 【日本の解き方】歴史的転換期迎えたNATO、中国とロシアへの懸念を明示 北大西洋地域を超え「アジア版」に拡大する戦略も

  6. 【エロス&バイオレンスの極み 石井隆の世界】闘病生活の根津甚八を引っ張り出し…涙なくして語れない、一度限りのスクリーン復帰 「GONIN/サーガ」

  7. 朝ドラヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 「ブギの女王」歌手・笠置シヅ子がモデル、来秋スタート『東京ブギウギ』

  8. 45年ぶりにギター持ち主へ カナダで盗難、日本で発見 ロックバンド「ゲス・フー」の元メンバー「一度はあきらめた夢がかなった」

  9. 交番で包丁突き付け、28歳の女逮捕 同僚警察官2人が拳銃構え警告 静岡・富士市

  10. 68兆円没収、プーチン大統領ら資産を復興資金に ウクライナ首相が要請「甚大な被害の責任は彼らに負わせるべき」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ