メジャーの旅

大谷翔平の記録にも影響 労使紛争大詰め…開幕できるのか? 過去に金持ち同士の争いにファン失望、野球離れ深刻化も1/2ページ

閉鎖されたままのエンゼルスがキャンプを行う球場(AP)
閉鎖されたままのエンゼルスがキャンプを行う球場(AP)

大リーグは新労使協定に関するオーナー側と選手会の交渉が難航。2月28日(日本時間3月1日)のデッドラインまでに妥結しない場合、機構側が3月31日(同4月1日)の開幕延期を発表。代替試合も組まないという見解を示した。

過去の労使紛争を振り返ると、1972年に史上初めて選手会がストライキを決行。4月4日の開幕が9日間遅れ、計86試合が中止。それによって各チームの試合数が異なり、優勝争いや個人タイトル争いが味気ないものになった。

90年はオーナー側のロックアウトが32日間にもおよび、当初予定の4月2日から1週間遅れで開幕。それでもプレーオフとワールドシリーズの開始日程を順延することで試合数削減を回避。例年通り各チーム162試合が行われた。

95年は前年から続くストの影響により、4月2日から1カ月近く遅れて同25日に開幕。そのため、従来より18試合少ない144試合制を採用。観客動員数が激減し、金持ち同士の争いに失望したファンの野球離れが深刻化した。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】京都選挙区で福山氏VS前原氏、かつての〝盟友〟が火花! 旧民主党&松下政経塾の先輩後輩がなぜ 両氏を直撃取材

  2. 元「KAT―TUN」田中聖容疑者を逮捕 覚醒剤所持

  3. 元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」

  4. 韓国政府の魂胆は!? 徴用工めぐり〝30億円新基金〟設立案が浮上 解決済み問題を蒸し返す動きか 「日本側が協力する必要はない」識者

  5. 猛暑で警戒「スマホ熱中症」 高温下の利用で端末に異常、故障や発火も 急な冷却NG、対処法は「10円玉」!?

  6. 【2022年夏・参院選】山形選挙区、自民と国民〝ドタバタ劇〟の後遺症は? 自民選対委員長のおひざ元 「山形方式」も足並み乱れ大内氏に好機

  7. コロナで死亡した人の多くは「敗血症」 早期認識と治療で重症化を防ぐ

  8. 【艶グラドル】志田音々、マングローブ林で〝最大露出〟 気象予報士を目指しながらタレント活動

  9. 「冷戦時代の遺物」プーチン大統領、NATOを恫喝 北欧2国に軍事施設なら対抗措置 新たな戦略概念に「何の新しさもない」

  10. 【アイドルSEXY列伝】あいだもも 掲載順を知らずに事務所から猛抗議、古くから存在していた〝情報解禁〟という制度

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ