プーチン大統領は「スターリンに近いか、ヒトラーの生まれ変わりだ」 都内在住ウクライナ人男性が怒りの声 ソ連支配時に人工的飢餓で多くの人が亡くなった過去も1/2ページ

ロシア軍の全面侵攻が続く祖国の現状を、東京都内在住のウクライナ人男性が案じている。独自の文化を持つウクライナは第二次大戦後、長年に渡り旧ソ連やロシアの圧政の犠牲になってきたと訴え、プーチン大統領は「スターリンに近いか、ヒトラーの生まれ変わりだ」と怒りを込める。

西部リュボームリ出身のイェブトゥシュク・イーゴルさん(31)はロシア軍による攻撃で「大学時代に通ったり、遊びに行ったりしていた街が爆破された。プーチンやロシア人がもたらすのは破壊だけ。止める手段がないのは絶望的だ」と嘆く。

イーゴルさん
イーゴルさん

イーゴルさんはキエフ国立言語大学で日本語学を専攻、大学院在学中の2014年に親露派で汚職体質だったヤヌコーヴィチ元大統領を失脚させたマイダン革命にも参加した。留学のため来日し、システムエンジニアとして日本で仕事を続けている。

リュボームリの実家には両親が住み、首都キエフで勤務する弟の帰省中にロシアの攻撃が始まった。父親と弟は「プーチンの独裁政権下で暮らすよりは難民になって他国に住んだ方がましだ」と話す一方、母親は「自分の家を守りたい」と望み、隣国ポーランドに避難するか一家でも迷いがあると明かす。

ウクライナは第二次大戦後、長年ロシアの圧政に苦しめられ、特有の文化も失われた側面があるとイーゴルさんは訴える。「ソ連の支配に入って事実上の植民地になり、スターリン政権による人工的な飢餓(ホロドモール)で多くの人が亡くなった。映画監督や歌手、作曲家などウクライナ独自の文化を作ろうとした人が殺され、逮捕された。ウクライナの伝統的料理のボルシチもロシア料理だと思われ、ウクライナ国民は『田舎者で民謡しか歌えない人』というイメージを作られた」と語気を強める。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】引っ張りだこ菅前首相、意外な人気と存在感 「言いたいこと言う」本来の姿戻り 埼玉選挙区、炎天下の応援演説に聴衆100人超

  2. 3代目ミス夕刊フジ子・奥村美香のDVD「優しい雨」が発売中 癒やし系フェロモン振りまき、セクシーポーズ披露

  3. 三井・三菱出資のサハリン2〝強奪〟プーチン大統領が強硬手段 日本のLNG需要量9% 「参院選の混乱狙い…中国や北朝鮮に提供か」

  4. 女児残し「何度も外出」 富田林、2歳遺棄で逮捕の男の供述 同居する祖母とUSJに行き約11時間放置

  5. 有罪判決からわずか9日 田中聖容疑者、予想された再犯と弟への影響 覚醒剤所持で逮捕「このまま不肖の兄を切り捨てることも…」

  6. 黒海要衝の島奪還 ウクライナ、ミサイル攻撃でロシア軍撤退 「解放された」ゼレンスキー大統領、輸出再開への足掛かりに

  7. 【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】中国調査船に対応できない日本の国益とは 好き勝手に暴走、中露への対応に米国はイライラしている

  8. 【有本香の以読制毒】電力逼迫、政府の〝錯乱〟が止まらない! ズレた対応に国民は怒りと失笑 「再エネ賦課金」と「EV補助金」やめよ

  9. 【艶グラドル】志田音々、マングローブ林で〝最大露出〟 気象予報士を目指しながらタレント活動

  10. 年金改革は政治家の“嘘の歴史” 失敗に終わった小泉政権が掲げた「100年安心」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ