のん企画・脚本・監督・主演作「Ribbon」公開 「明日も頑張ろうと思ってもらいたい」1/1ページ

舞台挨拶に登場したのん
舞台挨拶に登場したのん

女優・のん(28)が企画・脚本・監督・主演を手がけた長編映画「Ribbon」が25日から劇場公開された。

のんが監督を務めるのは、YouTube Original「おちをつけなんせ」(2019年)に続き2作目。劇場公開作品は初となる。

コロナ禍の2020年。美大生のいつかは大学の卒業制作展が中止に。さまざまな感情が渦巻き何も手につかない彼女は両親とも衝突。妹のまいもコロナに過剰反応し、普段は冷静な親友の平井も苛立ちを募らせていた。そんな中、絵を描くきっかけをくれた友との再会や、平井との本音の衝突によっていつかは、自分の未来を切り開くため立ち上がる。

ⓒ「Ribbon」フィルムパートナーズ
ⓒ「Ribbon」フィルムパートナーズ

なかでも本作で特徴的なのが主人公・いつかの感情の演出だ。大ヒット作「シン・ゴジラ」監督・特技監督の樋口真嗣、准監督・特技統括の尾上克郎が手がけた特撮によるカラフルなリボンの動きで、感情の流れが表現されている。

元気とエナジーに満ちあふれた爽やかな青春ストーリーとなっている。

公開初日にはテアトル新宿(東京都)で舞台挨拶が行われ、のんが登壇した。

リボンの特撮の演出についてのんは、「『こんなふうに撮るんだ』という驚きの連続で楽しかったです」と振り返った。また最後に、「一人一人のもやもやや悔しさ、我慢している気持ちっていうものを、リボンが代わりに吐き出しているんじゃないかなと思うので、(本作を見て)皆さんにすっきりとした気持ちで明日も頑張ろうと思っていただけたらうれしいです」と呼びかけた。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】引っ張りだこ菅前首相、意外な人気と存在感 「言いたいこと言う」本来の姿戻り 埼玉選挙区、炎天下の応援演説に聴衆100人超

  2. 3代目ミス夕刊フジ子・奥村美香のDVD「優しい雨」が発売中 癒やし系フェロモン振りまき、セクシーポーズ披露

  3. 三井・三菱出資のサハリン2〝強奪〟プーチン大統領が強硬手段 日本のLNG需要量9% 「参院選の混乱狙い…中国や北朝鮮に提供か」

  4. 女児残し「何度も外出」 富田林、2歳遺棄で逮捕の男の供述 同居する祖母とUSJに行き約11時間放置

  5. 有罪判決からわずか9日 田中聖容疑者、予想された再犯と弟への影響 覚醒剤所持で逮捕「このまま不肖の兄を切り捨てることも…」

  6. 黒海要衝の島奪還 ウクライナ、ミサイル攻撃でロシア軍撤退 「解放された」ゼレンスキー大統領、輸出再開への足掛かりに

  7. 【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】中国調査船に対応できない日本の国益とは 好き勝手に暴走、中露への対応に米国はイライラしている

  8. 年金改革は政治家の“嘘の歴史” 失敗に終わった小泉政権が掲げた「100年安心」

  9. 【艶グラドル】志田音々、マングローブ林で〝最大露出〟 気象予報士を目指しながらタレント活動

  10. 【アイドルSEXY列伝】樹まり子 3本だけで引退するつもりが…「お願いされると断れない」救いの女神 ギャラの総額を聞いて驚愕

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ