日本ハム・新庄BIGBOSSは経済効果もビッグ!! 潤った企業もあれば思わぬ打撃受けた地元関係者も… 沖縄キャンプ打ち上げ1/3ページ

「BIGBOSS STAGE」から手を振る新庄監督がもたらした経済効果は莫大な額となった=2月28日、名護
「BIGBOSS STAGE」から手を振る新庄監督がもたらした経済効果は莫大な額となった=2月28日、名護

今春のキャンプニュースを独占した〝BIGBOSS〟こと日本ハム・新庄剛志監督(50)が2月28日、沖縄・名護キャンプを打ち上げた。テレビのニュースやワイドショーで一挙手一投足が連日取り上げられ、球団にもたらした経済効果は億単位。周辺も潤った企業から、計算外で思わぬ打撃を受けた地元関係者まで悲喜こもごも。プロ野球界の常識を次々と覆した〝主役〟の足跡を追うと―。 (山戸英州)

■コロナ禍もBIGBOSS効果で集客回復

2年ぶりの有観客キャンプで、球団は沖縄県、名護市と協議の上、タピックスタジアム名護の収容人数を定員5000人の50%に上限を設定。初日から、巨人・宮崎キャンプと1位タイの1000人が球場に駆けつける盛況だった。

以降も土日祝の計6日間は上限の2500人か、ほぼ上限のファンを動員。1カ月間の動員数は、人数制限がなく新球場完成効果があった2年前の2万8950人に迫る、2万5226人。報道陣も本拠地北海道だけでなく、東京のテレビ局が次々と取材に訪れ、連日100人近くがBIGBOSSの動向を追った。

那覇空港から車で1時間半と他球団のキャンプ地よりも立地条件が悪いにもかかわらず、名護市観光課の担当者は「予想以上にファンの方が来られた。間違いなくBIGBOSS効果だと思います」と分析。期間中は長雨と低温に見舞われたが、天候に恵まれていれば動員記録を更新した可能性もあった。それだけに「来年は、新庄監督でぜひとも球場を満員にしてほしい!」と期待を寄せる。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】全選挙区122人「女の戦い」 猛追する東京・海老沢氏 踏ん張る大阪・松川氏 知名度で自民に追いつくか愛媛・高見氏 政治ジャーナリスト分析

  2. AV新法成立でも終わらぬ議論 知識人4人が考える「AVの今と未来」

  3. 【芸能ニュース舞台裏】歌えるうちに辞める加山雄三、活動休止の波紋 スタッフは新たな「職場」探しに…サザンのライブが業界全体を活性化へ

  4. パドレス退団の秋山翔吾、古巣の西武には戻りづらい? 「自分が戻ることで、面白くないと思う人がいるんじゃないか」

  5. 【大前研一のニュース時評】NTTグループの画期的な働き方の新制度 勤務場所は原則自宅、本社に呼ばれたら出張扱い

  6. 【保守とリベラル】参院選後、岸田首相への注文 世論に過度に迎合することなく抜本的改革を! 憲法改正、外交で安倍元首相の活用も

  7. 【日本の解き方】ロシアのウクライナ侵攻が「終結」するシナリオはあるのか 甘受せざるを得なくなる米国の支援次第という現実

  8. 【するりベント酒】威張ってない、偉そうにしてない…新潟の弁当は期待以上においしかった! 「五目釜めし弁当」

  9. 【勝負師たちの系譜】棋士や将棋界のことを知りたい「知る将」のための一冊 それぞれのファンに向けた著書続々

  10. 【メジャーの旅】陽岱鋼、米独立リーグで野球を楽しむ 本人いわく「ゼロからのスタート」も あふれる笑顔の野球少年に

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ