軍事のツボ

特別版2 「重心」を見誤っているロシアとウクライナの戦い方3/4ページ

さらに今後も多数の西側諸国からの供給が予定されている。2月26日にドイツが携帯式対戦車てき弾発射機1000発と携帯型地対空ミサイル「スティンガー」500発を供与すると発表。オランダも携帯式対戦車てき弾発射機「パンツァーファウスト3」50発とスティンガー200発を供与するといい、米国は最大3億5000万ドル(約400億円)の軍事支援を公表。対戦車ミサイル「ジャベリン」も含まれるとした。28日にはフィンランド、スウェーデン、イタリア、ノルウェー、カナダが対戦車兵器を中心に武器供与を表明した。ロシア軍の進撃が当初の計画より遅れていることはウクライナ軍がこうした兵器を手にすることにプラスに働く。

ジャベリンやNLAWは目標を補足して発射するとあとは自動で追尾してくれる撃ちっぱなし式のミサイル。戦車の装甲は天井部分が薄いため、命中直前には垂直に近い角度で落下してそこを狙うトップアタックという攻撃方法を選択することができる。操作は簡単で1人でも扱える。有効射程はジャベリンが2キロ、NLAWは800メートル。ロシア軍の戦車T-72の主砲は2キロほどなので、野戦でも引けを取らない。

ではこれら兵器はどのように今後のウクライナ軍にとって有用なのか。キエフにロシア軍が入った後には、市街戦が展開されることになる。ウクライナ軍は建物の中に少人数で潜んで携帯型対戦車ミサイルを発射後、すぐ離脱する戦術をとる。ロシア軍は武装ヘリで上空から地上部隊を援護しようとするが、スティンガーで狙われれば、行動の自由を制限される。

同様の展開は実例がある。ソマリアのモガディシュの戦闘(1993年)で米軍はゲリラの使う携帯式対戦車てき弾発射機「RPG7」で建物の上から地上部隊を攻撃され、さらにヘリコプターも撃墜される事態となった。これは映画「ブラックホーク・ダウン」に描かれている。

またアフガニスタンでは険しい山が建物の役割を果たした。谷底を進む地上部隊や飛行する武装ヘリを尾根筋などからスティンガーやRPG7などで狙う。これによりアフガニスタン侵攻中のソ連軍も、後年のアフガニスタン戦争での米軍も大きな損害を受けた。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 〝史上最悪〟KDDI通信障害、賠償額は!? 48時間以上続く異例の事態に「危うさ」浮き彫り 再発リスク・補償・自衛策あるか

  2. 日本との関係改善の前に韓国は「竹島侵略」の謝罪と償いを ルール無視継続なら「経済制裁」辞さず 大原浩氏が緊急寄稿

  3. 【沖縄が危ない!】「基地反対」叫ぶだけでは平和は来ない! 厳粛な慰霊の場を政治利用するな 来賓の岸田首相が登壇すると「帰れ」「辺野古の海を守れ」と罵声

  4. ジャガー横田一家に「親のしつけが悪すぎる」の声 長男の「寮母の飯がマズイ」発言が物議、夫・木下氏の対応にも批判

  5. 徴用工めぐる官民協議体、韓国できょう初会合 日韓両国の企業や個人の拠出で基金設立案も

  6. 紅白出場の人気女性歌手に薬物疑惑 コロナ禍、クスリにハマる芸能人が増加 「激やせ」がネット上で話題になることも

  7. 【エロス&バイオレンスの極み 石井隆の世界】出会った男たちを狂わせる主人公の名美 主演を境に俳優として開花した竹中直人 「天使のはらわた 赤い眩暈」

  8. 【芸能ニュース舞台裏】田中聖容疑者は「第二の田代まさし」か 「売人はあの手この手で接近…」社会復帰後が〝クスリ断ち〟の試練のとき

  9. 【マンション業界の秘密】要注意!高い物件をペアローンで買うリスク 今は結婚した3組に1組が離婚する時代、完済前に訪れる困難

  10. 【艶グラドル】MIYABIの趣味はビキニ集め 「ショーツは必ず面積の狭いTバックかブラジリアン」ヒップラインに自信あり!

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ