3日開幕・名古屋競輪GⅢ金鯱賞争奪戦・中国ゴールデンコンビが主役1/1ページ

松浦悠士
松浦悠士

名古屋競輪開場72周年記念(GⅢ・金鯱賞争奪戦)は3日から4日間の日程で開催される。主役はS級S班の松浦悠士(広島)、清水裕友(山口)の中国ゴールデンコンビだ。

GⅠ全日本選抜優勝の古性優作(大阪)が欠場し、その追加で松浦があっせんされたため、昨年のKEIRINグランプリ2021以来、中国ゴールデンコンビの今年初連携が初日特選で見られることになった。グランプリは松浦が先に番手回りを志願したので清水―松浦の並びだった。現在は松浦は奈良記念優勝、全日本選抜でも1222オール連対と好調を維持しているが清水は全日本選抜で二次予選敗退で未勝利と雰囲気はよくない。その現状を打破するために自分で動くか、それとも早めの仕掛けで結果を出している松浦に前を託すかに注目が集まる。

全日本選抜で決勝に進んだ浅井も優勝を狙う。全日本選抜でも決勝こそ前を任せた古性がインに切り込んだため追走できなかったが、連日の動きは軽快だった。地元愛知勢は名古屋の顔・吉田敏洋(愛知)の欠場もありS1は高橋和也(愛知)のみ。注目したいのはS2の藤井侑吾(愛知)。徹底先行でどのレースでも先頭で風を切っている。地元なので有利な番組になるはずで一次、二次予選は逃げ切りの期待大。準決勝も先行でS級上位陣をどこまで苦しめることができるか。

的確な仕掛けで最終BSを先頭で通過する走りの真杉匠(栃木)は着実に力をつけている。SS宿口陽一(埼玉)との連携で中国ゴールデンコンビに立ち向かいたかったが、宿口が急きょの欠場で関東は手薄になってしまった。北日本、南関も巻き込んでのライン形成での戦いになりそうだ。

最終日(6日)第9R(予定)では「第119回生ルーキーチャンピオンレース」も争われる。こちらは本命視されていた吉田有希(茨城)が欠場し、S級3人とA級6人の争いに。やはりリードするのは犬伏湧也(徳島)、山根将太(岡山)、上野雅彦(香川)のS級特昇組3人で中でもすでにS級優勝経験のある犬伏が光る。前回、四日市FⅠ決勝では番手回りから優勝しているだけに他選手との連携作戦も興味深い。

zakスペシャル

ランキング

  1. 国連で動き出した「新・悪の枢軸」 中露の拒否権で北朝鮮の制裁決議が否決 安保理〝機能不全〟また露呈 「ファシズム化は続く」識者

  2. 【大前研一のニュース時評】ルノーなど「ロシア完全撤退」でバッシング回避 一方でそのままの企業も…中国やインドの企業は〝知らん顔〟

  3. 西側諸国「6月反攻」に秘密兵器 ゼレンスキー大統領、東部苦戦に「装備の差」主張 これまでで最も殺傷力が高い榴弾砲供与か 「8月までは一進一退」識者

  4. 【メジャーの旅】後を絶たないMLBの人種差別 かつてイチローも身の危険を感じ「聞きたくない言葉浴びせられた」と回想

  5. 坂本一生が驚きの「変身」ぶり 金髪に真っ黒日焼け肌…プロレスラーのような肉体に

  6. 感染拡大続く北朝鮮 脆弱な医療体制で高齢者、妊婦、児童らにしわ寄せ

  7. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  8. バイデン政権は本当に頼りになるか? 「核の傘」は幻想、中露北「核保有国」と向き合う日本「自立」の好機! 大原浩氏が緊急寄稿

  9. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  10. 【芸能ニュース舞台裏】小山田圭吾、英語の復帰文書新鮮だが…テレビ登場にはまだ遠く 記憶に新しい東京五輪開会式前の辞任騒動