国防最前線

防衛産業の危機、コロナ禍でリストラも 民生品部門で経営を維持…危ぶまれる事業の継続 国としての抜本的な対策はなし1/2ページ

海上自衛隊の救難飛行艇「US―2」
海上自衛隊の救難飛行艇「US―2」

2018年4月、防衛産業関係者の間で衝撃が走った。旧村上ファンド系の投資会社レノが、代表的な防衛産業の1つ「新明和工業」の株式を大量取得したのだ。村上ファンドと言えば「物言う株主」として知られただけに、ざわめきだった。

その後も買い増しが続き、翌年2月には発行済み株式の23・74%にまで到達した。結局、その後、新明和が400億円を上限とする自社株買いを実施し、事無きを得たかたちとなった。

こうした株主の登場が、企業にいかなる影響を及ぼすかは分からない。いずれにしても、防衛関連企業の経営体制について、国として抜本的な対策をしてこなかったことは確かなようだ。

新明和は1920年に創業した川西航空機が前身で、戦闘機「紫電改」や飛行艇「二式大艇」を生み出した。この技術が、海上自衛隊の救難飛行艇「US―2」にも引き継がれているが、現在は調達が5年に1度程度で、防衛事業は低迷している。他の民生品部門で経営を維持しており、自衛隊の仕事はいつリストラされてもおかしくない状況だ。

US―2は、安倍晋三政権時代、インドへの輸出に向けて突き進む雰囲気になっていたが、「オフセット取引」などの壁が立ちはだかった。「オフセット」とは装備品を輸入する国が、輸出国に何らかの見返り条件を示すもの。例えば、飛行機を輸入するのとバーターで自国の農産物を買ってもらうといった方式だ。政府の介入なしには成立しない。

zakスペシャル

ランキング

  1. バイデン大統領のアジア歴訪を韓国が悪用!? ケジメなき「反日」暴挙問題の棚上げ画策も 「対北政策を利用し『告げ口外交』か」識者

  2. 資金洗浄、闇店舗…危ない「ネットカジノ」 4630万円誤送金詐取で24歳男逮捕、供述で「別の口座に移して使った」

  3. 中国〝恫喝体質〟また露呈 王毅外相「日本は火中の栗を拾うな」 日中外相会談の同日、爆撃機が沖縄飛行

  4. 【艶グラドル】林凛「女子大生7年目です」 セクシーポイントは「長身からの長い脚」

  5. 4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

  6. 文在寅派、支持率ガタ減り…「性犯罪日常化政党」との指弾も 韓国で依然根強い「反日左翼」勢力 与党は6月統一地方選で大勝か

  7. 乙武洋匡氏、今夏の参院選出馬へ 大激戦の東京選挙区 水道橋博士も「れいわ新選組」から出馬表明 「スポーツ報知」報道

  8. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  9. 【テレビ用語の基礎知識】「優等生タイプ」 最近のテレビマンはこのタイプが多いが…テレビのオワコン化脱却はどれだけ「上とけんかして、下を守れるか」にかかっている

  10. 自民・高市政調会長、決然と批判! 韓国の竹島調査疑惑「外交儀礼上、問題がある」