カワノアユミの盛り場より愛を込めて

タイ現地ルポ(7) 閑散とするパタヤの今 夜の店だけではない閉店ラッシュ…特に減ったコンビニに客が殺到1/2ページ

年末年始に訪れたパタヤ。ナイトライフは規制されていたがツリータウンのバービアは人で溢れ、コロナ禍前のような賑わいを取り戻していた。だが、その裏で様々な店が閉業していたのも事実。前回、書いたホテルのようにホームページ(HP)は稼働していても潰れていた施設も多かった。

数十軒の置屋が並び、道端で何十人ものバービア嬢が客引きをしていたソイ6。今では5、6店舗のバービアを除いてはすべて閉店しており、ひと足はまばら。

マスクを付けていない女の子も多く、客も様子を見るだけで寄り付かないのだろう。大晦日、あらゆるナイトスポットを歩いたが賑わう街中でソイ6だけが静まり返っていた。

閉店したのは夜の店だけではない。特に減っていたのはコンビニで、グーグルマップで場所を確認すると、以前は数十軒はあったのに、今では3軒ほどしかない。

zakスペシャル

ランキング

  1. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  2. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  3. プーチン氏の「カネ」知る大富豪〝怪死〟 裏切り者を口封じか 妻と娘と無理心中、一家心中、霊媒師宅の地下室で死亡…すでに8人

  4. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国

  5. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  6. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  7. 中国など「日本包囲」鮮明、岸田外交に試練 ガス田開発、東シナ海に構造物設置の動き 韓国、ロシア…周辺国の圧力強まる

  8. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  9. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  10. 誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」