えいとまん 三遊亭栄豊満の与太郎よそう

松山初日 A級特選12Rは単騎・近藤がまくる地元勢のマークから抜け出す1/1ページ

小川勇介
小川勇介

子供のころ、学校の先生が口を酸っぱく新聞を読むよう言っていたのを覚えています。

「君たちの将来のタメになる」と。

素直だった雅人少年(現・栄豊満)は、家に帰り新聞を読んだが、ちっとも面白くない。TV欄と四コママンガ以外なにが書いてあるのかチンプンカンプン。しかし、喫茶店や駅のホーム、病院の待合室の大人たちは真剣に新聞を読んでいた。それを見て雅人少年は「あんな難しいものを読む大人はすごい」と感心していましたよ。そして年を経て、雅人少年は新聞を読んで理解できるまでに成長。

「なるほど、面白い。どおりで先生は新聞を読めと言ったんだ」と、競輪欄を読みながらうなずく、タメではなくダメな大人になったとかならないとか…。

では、タメになるかもしれない予想へ。松山ナイター初日A級特選12Rは単騎・近藤。まくる地元勢のマークから抜け出す〔5〕↔〔1〕―〔2〕〔6〕〔7〕です。

ちなみに一番タメになる新聞は夕刊フジとサンスポでございます!(五代目圓楽一門会二ツ目)

■三遊亭栄豊満(さんゆうてい・えいとまん)1991年3月5日生まれ。愛知県半田市出身。落語家。2015年に三遊亭栄楽に入門。18年に二ツ目昇進。趣味はマンガ・アニメ・ゲーム。現在はただのオタクだが高校時代、自転車部に所属しており競輪を賭け事ではなく競技としてやっていた。

zakスペシャル

ランキング

  1. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  2. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  3. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  4. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  5. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国

  6. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  7. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  8. 【艶グラドル】美澄衿依、趣味は“かわいい子探し” 初DVD「Ellie」を発売

  9. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  10. DAIGO“政界進出”あるか 芸能界一の好感度、最近話題の暴露系ユーチューバーも人柄の良さを称賛 本人は「120%ないです」