外食・コンビニ健康法

ミネラル豊富で罪悪感のない「甘み」 砂糖が入っていないナチュラルお菓子 「地中海育ちの種ぬきデーツ」1/2ページ

お菓子や甘い物と聞くと、チョコレートやあめ、グミなど、砂糖をメインに作られたものを想像しがちですが、最近、コンビニのお菓子売り場は少し変わってきています。人気のお菓子類の横で幅を広げているのが「野菜や果物を使ったナチュラルお菓子」です。

昔からあるナチュラル系には、昆布を加工した甘酸っぱいお菓子や、カリカリ梅、干し芋などがあります。こうしたお菓子も小袋に入れられて、袋菓子とともに並ぶのが普通となりました。また、ゴボウやレンコン、オクラなどを加工したもの、ノリ、茎わかめなども、スナック菓子になっています。ドライフルーツやナッツは昔からありましたが、砂糖を使わずに乾燥させたものも増え、「砂糖たっぷり」ではない、「素材の甘味やうま味を生かしたもの」が増えています。

こうしたお菓子は、元々ある甘みを感じながら、ビタミンやミネラル、食物繊維など栄養を摂取することができるので、不足しがちな栄養が摂れる「補食」としての意味があります。そのため、「白砂糖」を好まない、より自然な甘みを求めている人たちのニーズだけでなく、お菓子を食べることで罪悪感を感じてしまうことを避ける「ギルティフリースイーツ」としても注目されています。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

  2. 安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか

  3. 外相&防衛相に〝米国が重大警戒〟あす内閣改造 門田氏「米高官は林氏と距離、高市氏外せば世界に誤ったメッセージ」有本氏「見せかけの友好は通用せず」

  4. 中国へ配慮が目立ち…韓国・尹政権の「二股外交」 識者「韓国は潮流に逆行、このままでは孤立」

  5. 【日本の解き方】ペロシ氏のアジア歴訪で判明、台湾侵攻の野望隠さぬ中国と米国の民主主義防衛の本気度

  6. 【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】ペロシ氏訪台と中国の激烈反応 弾道ミサイルEEZ着弾、岸田首相はなぜ当日声明を出さない?〝薄い反応〟の日本政府とメディア

  7. 安倍氏の国葬にオバマ氏ら出席へ マクロン氏、メルケル氏も検討 プーチン大統領は欠席の見通し

  8. 加山雄三、ラストショーに向けて 40日続いた“言葉が出ない日々”からの壮絶リハビリ

  9. 「ビーチ・ボーイズ」伝説のリーダーの謎に迫る 全盛時代を知らない世代も感動必至 12日公開「ブライアン・ウィルソン」

  10. 【みうらじゅん いやら収集】Wメガネ地獄が苦痛で観に行かなくなった3D映画 飛び出て嬉しいものといえば…

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ