国防最前線

自衛隊・トンガ派遣(上) 想像以上の日本の支援対応、舞い降りた空自C130輸送機 国防軍など総出で滑走路清掃1/2ページ

トンガの国際空港で航空自衛隊C―130輸送機から降ろされた支援物資を確認する空港職員(防衛省統合幕僚監部提供)
トンガの国際空港で航空自衛隊C―130輸送機から降ろされた支援物資を確認する空港職員(防衛省統合幕僚監部提供)

世界の情勢が目まぐるしく動いてるため忘れられがちだが、今年1月15日に発生したトンガでの海底火山噴火と津波被害を受けて、自衛隊の国際緊急援助隊が現地に派遣された。

2月17日の帰投命令により、航空自衛隊のC130輸送機とC―2輸送機、海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」、同艦に搭載された陸上自衛隊のCH―47輸送ヘリコプターの活動が終了した。「おおすみ」と陸自のヘリ部隊はまだ約8000キロの帰路にあり、3月上旬の帰国まで気を抜けないに違いない。

「日本の自衛隊機を、ここトンガで見られるとは!」

発災から5日後には派遣命令が下り、その日の夕方には空自隊員が愛知県・小牧基地に参集し、夜には出発した。日本の素早い動きに、現地で出迎えたトンガ首相らから感激の声が届いた。

噴火が始まってから通信が遮断され、トンガでは情報がない状態が続いていた。もともと、インターネットの環境が弱かったため、「しばらくすれば復旧するだろう」と思っていたが、実は噴火と津波によって唯一の命綱と言っていい光ファイバーの海底ケーブルが切断されていたのだ。国際電話も通じず、トンガは南海の孤島となってしまった。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【スクープ最前線】コロナ大失政の果て…3選に暗雲の習主席が「台湾・尖閣で挽回」の狂気 日米首脳会談の裏で驚愕の事態 「日本国内でテロの危険」米当局

  2. 決済代行業者が3500万円を町に返還 阿武町誤送金で新展開 27回の出金があった業者から町の口座に NHK報道

  3. 国会議員や上場企業社長の報酬は一体いくら? 細田衆院議長「100万円しか」発言で物議 非難相次ぐ「外れすぎた市民感覚」の実態

  4. 依存度高い日本は大丈夫か 「インターネットエクスプローラー」6月16日サポート終了で 移行措置「完了」16% マイクロソフトも注意呼び掛け

  5. 「顔で選べば1番」と言われた維新候補 プロも絶賛する「ボディメイク」の仕上がり

  6. 【芸能ニュース舞台裏】手越祐也、手がけた脱毛サロンが全店閉店 テレビ復帰模索も道は険しく「代わりはもういる」の声

  7. 北朝鮮でコロナ猛威、脆弱な医療体制と怪しい薬 治療法わからず過剰服用で死亡者も フリーライター・金正太郎氏がリポート

  8. 連日20万人以上の発熱者でロックダウンの北朝鮮 食糧難で餓死者増の危機

  9. 【マンション業界の秘密】タワマン“好き嫌い”が分かれる理由 「チャラい人の住むところ」敬意を持たれにくい階数ヒエラルキー的価値観

  10. 【芸能ニュース舞台裏】YouTubeでウハウハ!?毎度お騒がせの華原朋美、子供に1600万円のフェラーリを買える驚きの財力