宝田もなみ バイブスあがってる?

たかがまつ毛、されどまつ毛 本当はあってもなくてもいいことが…その人を評価する一番の材料に1/2ページ

宝田もなみ
宝田もなみ

そろそろ行かなきゃな~と思いながらも先延ばしにしがちなこと第一位が緊急性のない病院の予約、そして次点でまつげパーマの予約なのだけれど、数カ月ぶりにようやくまつげパーマの予約に成功し、久々にまつげが綺麗に上を向いている。

知らない人のために説明すると、まつげパーマは文字通りまつげにパーマ液をかけてパーマをかけるのだが、カールのかけ方にも何種類かあって、お人形みたいにくるりんとしたまつげにするのか、カールはあまりかけずに根本だけ立ち上げてまつげが長く見えるようにするのか等まつげひとつでも選択肢が色々あって、自分の希望のカールをプロのお姉さんに作ってもらうのだ。このまつげパーマをかけているとすっぴんでも目がぱっちりして可愛く見えるし、何よりメイクがめちゃくちゃ楽になる。メイクをしない多くの男性にはわからないと思うけれど、女の子は可愛くなるために普通のビューラー、ホットビューラー、マスカラなどを駆使して必死に毎日まつげを上げているのだ。

ところで私は子供の頃、メイクや洋服にほとんど興味がない子供だった。気になることはもっぱら明日の給食の内容だし、洋服は可愛さよりも昼休みでの動きやすさの方が重要だった。仲の良い友達が読んでいた『ピチレモン』や『melon』などのファッション雑誌を読んでみたりもしたが、友達が好んで着ている服のブランドがわかっただけで自分が欲しいものは特に見つからなかった。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】古舘伊知郎が見た〝伝説の一夜〟 井上陽水と玉置浩二、大御所2人を「黒子」にさせた中森明菜のすごみ

  2. 韓国で早くも「反日」暴挙 林外相の訪韓中に竹島EEZで無断調査 地下構造や資源探査か 「尹大統領は決して“親日”ではない」

  3. 【大鶴義丹 やっぱりOUTだぜ!!】俳優にとって一番の恐怖…体が動く限り続く〝終わりのないゲーム〟 お金や名声入るが気持ちは満たされない

  4. 新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目

  5. 【日本の解き方】「世界標準」になった金融政策、内外の安保環境も激変したが…進歩なき一部野党とマスコミ

  6. ロシア“非人道兵器”使用か マリウポリの製鉄所に「白リン弾」降り注ぎ…プーチン大統領に重病説、追い詰められ残虐さ加速?

  7. 安保環境の激変で大転換 日本学術会議「軍民両用」研究を否定せず 年間10億円の血税投入「浮世離れ」組織、民営化案浮上で目くらましか

  8. 昨年10月頃から落ち込み激しく…上島竜兵さん急死、周囲は心配しケアも 行き当たる〝師匠〟志村けんさんの死去

  9. エンゼルスの戦力ランク5位にUP! 大谷翔平が契約で求めたチームに変貌中 気になるのは同地区の最大のライバル、アストロズも絶好調

  10. “制裁金よりダメージ” 朗希への白井球審の詰め寄り問題以降、ロッテと関西審判団の深まる遺恨 井口監督とレアードも退場に