えいとまん 三遊亭栄豊満の与太郎よそう

松山2日目 A級準決勝12Rは大瀬戸が3番手から鋭脚を発揮だ1/1ページ

大瀬戸潤一郎選手
大瀬戸潤一郎選手

プーチン大統領に懸賞金がかけられたそうです。その額、なんと1億円!! …1億? なんだか安くない? グランプリの賞金と同じですから安いはずがないんですよ。

ただ、今のロシアに乗り込み警護ガチガチなプーチン大統領を捕まえて1億円。大人気マンガ『ワンピース』でいうなら、アラバスタでクロコダイルを倒したあとのルフィの懸賞金が1億ですよ。なんのことかわからないかもしれませんが。

それと同じと考えるとやはりどう考えても労力に見合いませんね。むしろ、ルフィは権力に守られない海賊で、海に弱いという明確な弱点がある分、いけそうな気が…しないね。

まぁ、おいしい話なんて世の中ないわけですから、地道にコツコツ競輪で稼ぎましょう。

松山ナイター2日目A級準決勝12Rは大瀬戸で。吉武の積極策に乗って3番手から鋭脚を発揮する〔7〕―〔4〕-〔1〕〔2〕〔3〕。

この予想で稼げるのかって? それはひとつ乗っかってケンショウしてね。(五代目圓楽一門会二ツ目)

■三遊亭栄豊満(さんゆうてい・えいとまん)1991年3月5日生まれ。愛知県半田市出身。落語家。2015年に三遊亭栄楽に入門。18年に二ツ目昇進。趣味はマンガ・アニメ・ゲーム。現在はただのオタクだが高校時代、自転車部に所属しており競輪を賭け事ではなく競技としてやっていた。

zakスペシャル

ランキング

  1. プーチン氏の「カネ」知る大富豪〝怪死〟 裏切り者を口封じか 妻と娘と無理心中、一家心中、霊媒師宅の地下室で死亡…すでに8人

  2. 中国など「日本包囲」鮮明、岸田外交に試練 ガス田開発、東シナ海に構造物設置の動き 韓国、ロシア…周辺国の圧力強まる

  3. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  4. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  5. 誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」

  6. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  7. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国

  8. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  9. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  10. 【列島エイリアンズ】出会い系外国人編(3) 自称〝海外育ちの30代日本人女〟の巧みな手口 FX取引に誘い「吊り橋効果」で恋の毒牙に