大前研一のニュース時評

日本〝お役所流儀〟厳しすぎるコロナ規制 英国は法的規制「全面撤廃」 豪州は2回のワクチン接種条件に外国人受け入れ1/3ページ

ジョンソン英首相(ロイター)
ジョンソン英首相(ロイター)

英国は、新型コロナ対策で唯一残していた感染者の自己隔離義務を先月24日、イングランドから解除した。法的規制の全面撤廃となる。すでに公共施設でのマスク着用義務、イベント会場などでのワクチン証明提示義務、在宅勤務の推奨などが撤廃されている。

規制撤廃の理由として、ボリス・ジョンソン首相は、ワクチンの効果で死者や重症者が減ったこと、オミクロン株が重症化しにくく、大量の検査をする必要性が下がったことなどを挙げた。「コロナとの共生」を掲げた長期計画も発表している。

コロナ規制期間に首相官邸でパーティーを開催したことがバレて、集中砲火を浴びて支持率が低下し、退陣に追い込まれつつあるジョンソン政権が、生き残りのため、「皆さん、マスクを外して楽しくやりましょう」と人気取りを狙ったようにも思える。

ただ、数字を見る限り、英国は明らかに感染者がピークアウトして、死者の数も落ちてきている。新規感染者数は1月4日の21万人超をピークに減少し、最近では3万人台になった。

英国は一昨年3月以降、3度のロックダウン(都市封鎖)を実施していた。一方、水際対策として厳しい入国制限を課した日本も、感染者数の時系列のグラフを見る限り、英国より数週間遅れているものの、英国と同じような軌跡をたどっている。この評判の悪い日本の「鎖国政策」が本当に効果があったのかどうか、ただ数週間、遅らせただけだったか。

zakスペシャル

ランキング

  1. 国連で動き出した「新・悪の枢軸」 中露の拒否権で北朝鮮の制裁決議が否決 安保理〝機能不全〟また露呈 「ファシズム化は続く」識者

  2. 【大前研一のニュース時評】ルノーなど「ロシア完全撤退」でバッシング回避 一方でそのままの企業も…中国やインドの企業は〝知らん顔〟

  3. 【メジャーの旅】後を絶たないMLBの人種差別 かつてイチローも身の危険を感じ「聞きたくない言葉浴びせられた」と回想

  4. 感染拡大続く北朝鮮 脆弱な医療体制で高齢者、妊婦、児童らにしわ寄せ

  5. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  6. 坂本一生が驚きの「変身」ぶり 金髪に真っ黒日焼け肌…プロレスラーのような肉体に

  7. 西側諸国「6月反攻」に秘密兵器 ゼレンスキー大統領、東部苦戦に「装備の差」主張 これまでで最も殺傷力が高い榴弾砲供与か 「8月までは一進一退」識者

  8. バイデン政権は本当に頼りになるか? 「核の傘」は幻想、中露北「核保有国」と向き合う日本「自立」の好機! 大原浩氏が緊急寄稿

  9. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  10. 【芸能ニュース舞台裏】小山田圭吾、英語の復帰文書新鮮だが…テレビ登場にはまだ遠く 記憶に新しい東京五輪開会式前の辞任騒動