玉ちゃんの酔滸伝

「子役あがりの大きな子役」も…すっかり大人の内山信二くん もはや本業?芸能界きっての「ボートレース好き」が愛をみなぎらせて勝負1/2ページ

貫禄たっぷりの内山くんです
貫禄たっぷりの内山くんです

「関東・近畿・九州地区対抗戦!」

どこぞの反社会的勢力の縄張り争いを連想させるようなタイトルですが、その物騒な文言の後ろには「内山信二杯」が付きます。現在も「子役あがりの大きな子役」として芸能活動を続けている内山信二くんの名前は、最初のキナ臭さを一瞬にしてデオドラントしてくれます。これは、ボートレース多摩川で開催されていたボートレースの大会名なのです。

しかし、6日間開催のボートレースに自分の名前を冠にするとは、「ボートレース好き」というよりも「本業」なのではないでしょうか。徳光和夫さんや蛭子能収さん、坂上忍さんら並み居るボートレース愛好家の向こうを張って、内山くんは愛をみなぎらせて勝負しているのです。

開催期間中の配信番組では1レースから最終レースまで勝負し続けた内山くん。私も内山くんからお呼ばれして、大会4日目にボートレース勝負に挑みました。普段は競輪を中心に勝負をしていますので、ボートレースは違った面白さがあって楽しめました。

内山くんは「あっぱれさんま大先生」で爆発的な人気子役となり、10歳で月収3000万円を稼いだなど豪快なエピソードを持つ男です。子役にありがちな挫折を経験していますが見事に復活し、現在はタレントとしてだけでなく人間的にも大成長。私もお世話になっている「バラいろダンディ」(TOKYO MX)の水曜日放送回に出演しています。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【日本の解き方】中国が失う〝成長のエンジン〟 民主主義国と切り離し進み…日本でのインフラ投資困難に

  2. 取り戻した4300万円、凄腕町側弁護士の裏技 捜査の手が及ばないよう〝手切れ金〟として全額返金された可能性も 誤送金問題

  3. 消えたはずの「日の丸」が映画本編で復活 27日公開「トップガン」続編 予告編ではトム・クルーズのジャケットが別マークに修正も

  4. 水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か

  5. 【経営者目線】「相続税ゼロ」で国債を!! 日銀出口はこれしかない ワタミの投資基準とは

  6. 【テリー伊藤 狸の皮算用】上島竜兵さん死去 演出を超える結果を出す芸人 うらやましいその生き方 また「訴えてやるッ!!」言ってほしかった

  7. 【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】昨年652回の緊急発進、南西航空方面隊 肌で感じた〝沖縄危機〟中国軍の統制取れた動きに「だからこそ脅威」と関係者

  8. 神宮初登場の日本ハム・清宮、同級生4番対決に完敗 4三振に新庄監督「いいときもあれば悪いときもあるし…」

  9. 【日本の核戦略】米国が保証する「核の傘」のリアルを直視せよ! いかなる首相もその機能を尋ねない無責任さ はたして自衛隊が守る離島のために報復するのか

  10. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】「AL―MAUJ」誕生の真実 シングル化が遅れ…佐藤さんのアルバムに 「『難破船』に続いてまたカバー曲か」は正直心外