夕刊フジ×キイストン 飲食業新時代への挑戦

人気のコーンスープで勝負「ゴースト店」始動 SweetSmileSoup(あさくま) 1/2ページ

十勝産コーンスープをベースに食材をトッピング
十勝産コーンスープをベースに食材をトッピング

愛知県で創業し、70年以上にわたってステーキハウスの文化を創り続け、東海・関東地方を中心に65店舗を展開する「ステーキのあさくま」。経営するあさくま(愛知県名古屋市、横田優社長、https://www.asakuma.co.jp/)は、2019年JASDAQに上場を果たしている。

ファミリーレストランより少し贅沢なステーキレストランとして、当初はテーブルサービスだったが、サラダバーを併設した店が好調だったため、15年前から徐々にほぼ全店にサラダバーを設置した。サラダバーが「ステーキのあさくま」の看板メニューだということは、売上構成が、ステーキやハンバーグなどのメインメニューと同じ比率であることからもよくわかる。

食べるコーンスープ「Sweet Smile Soup」ロゴ
食べるコーンスープ「Sweet Smile Soup」ロゴ

このサラダバーで特に人気なのが「コーンスープ」だ。歴史の古い店が多く、子供の頃、誕生日に家族で来店した記憶の中で、コースで出てきた「あのコーンスープが飲み放題」という贅沢が、老若男女問わず人気の理由だ。

通販でも人気のこのスープは、北海道十勝で作られる指定した品種をブレンドするのだが、毎年収穫に立ち会い、その年の出来を見て道内の工場で味の調整をする手間を惜しまないのがおいしさの秘密だという。

zakスペシャル

ランキング

  1. プーチン氏の「カネ」知る大富豪〝怪死〟 裏切り者を口封じか 妻と娘と無理心中、一家心中、霊媒師宅の地下室で死亡…すでに8人

  2. 中国など「日本包囲」鮮明、岸田外交に試練 ガス田開発、東シナ海に構造物設置の動き 韓国、ロシア…周辺国の圧力強まる

  3. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  4. 誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」

  5. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  6. 【勝負師たちの系譜】東京に負けたくないという気構え 西高東低の風やまず 毎日のように練習将棋…研究量は関東以上か

  7. 【列島エイリアンズ】出会い系外国人編(3) 自称〝海外育ちの30代日本人女〟の巧みな手口 FX取引に誘い「吊り橋効果」で恋の毒牙に

  8. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  9. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  10. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表