メジャーの旅

歴史的シーズンが来ることを信じる 米大リーグ、労使紛争で27年ぶり異常事態 かつて野茂英雄も選手会から警告、ストの憂き目に1/2ページ

オールスター戦に日本選手として初選出されたドジャース・野茂英雄。ストの悪夢を振り払った=1995年7月11日、レンジャーズ・ボールパーク
オールスター戦に日本選手として初選出されたドジャース・野茂英雄。ストの悪夢を振り払った=1995年7月11日、レンジャーズ・ボールパーク

大リーグは新労使協定を巡るオーナー側と選手会の交渉が決裂。3月31日(日本時間4月1日)の公式戦開幕が延期となった。労使紛争では27年ぶりの異常事態だが、思い返せば当時もさまざまな問題が生じた。

1994年8月に労使対立が激化し、無期限ストライキに突入。残りシーズン打ち切りとなり、ワールドシリーズも中止。翌95年になっても労使交渉は進展せず、全く開幕の見通しが立たず。苦肉の策として代替選手でキャンプに臨んだ。

そのため、大リーガーを夢見る若者たちで各球団の入団テストは花盛り。エンゼルスの応募者には財務省職員や会社役員など多彩。ブレーブスではナックルボールの名手で一時代を築いた55歳のフィル・ニークロが現役復帰? とささやかれた。

その一方でオリオールズは「球団史を汚す」として代替選手獲得に反対。マリナーズも代替選手をプレーさせない旨の意見書を提出。ケン・グリフィーJr.は「引退寸前のくたびれた選手なんか見たくない」と息巻くなど足並みがそろわなかった。

また、93年ブルージェイズを2年連続世界一に導いたシト・ガストン監督に続き、タイガースの名将スパーキー・アンダーソン監督もキャンプ参加を拒否。「メジャー選手が集まらない限り、私が戻ることはない」と目に涙を浮かべて語った。

zakスペシャル

ランキング

  1. バイデン大統領のアジア歴訪を韓国が悪用!? ケジメなき「反日」暴挙問題の棚上げ画策も 「対北政策を利用し『告げ口外交』か」識者

  2. 資金洗浄、闇店舗…危ない「ネットカジノ」 4630万円誤送金詐取で24歳男逮捕、供述で「別の口座に移して使った」

  3. 中国〝恫喝体質〟また露呈 王毅外相「日本は火中の栗を拾うな」 日中外相会談の同日、爆撃機が沖縄飛行

  4. 【艶グラドル】林凛「女子大生7年目です」 セクシーポイントは「長身からの長い脚」

  5. 4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

  6. 文在寅派、支持率ガタ減り…「性犯罪日常化政党」との指弾も 韓国で依然根強い「反日左翼」勢力 与党は6月統一地方選で大勝か

  7. 【テレビ用語の基礎知識】「優等生タイプ」 最近のテレビマンはこのタイプが多いが…テレビのオワコン化脱却はどれだけ「上とけんかして、下を守れるか」にかかっている

  8. 乙武洋匡氏、今夏の参院選出馬へ 大激戦の東京選挙区 水道橋博士も「れいわ新選組」から出馬表明 「スポーツ報知」報道

  9. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  10. 自民・高市政調会長、決然と批判! 韓国の竹島調査疑惑「外交儀礼上、問題がある」