映画人の血がなせる撮影本能「焼け跡クロニクル」 一軒家が全焼、目の前の出来事を撮る映像作家としての業2/2ページ

目の前で起きていることを撮るという映像作家としての業。それが夫婦に通底し、日常の再生へとつながる(ウクライナの被害を伝えるSNSでも明らかだが、映像は力強い)。当時5歳の双子の娘は家族の生命力そのもので、「私、おなかペコペコなのよ」と訴え、「お金、あるよね?」と確認し、何か買ってくるという19歳の長男に「イチゴクッキーにしておいてね」と念押しする。火災ですべてを失った家族の希望そのものだ。

火事のニュースは多いが、事件性がなければ続報がないのもまた特徴。今作は火事後の、あまり知られていないことを伝える。一時避難先での公民館での暮らし、まおりさんの母の手助け、88歳で寝たきりの母に伝えられない將人さんの苦渋、父親のやけどに薬を塗る長男の献身、ずっと入院してもお金の心配はいらないと力づけるまおりさんのどっしりした構えなどを記録した映像だ。

それらをつなぐのが、焼け跡で見つかった8ミリフィルムが記録する過去の家族の映像。火事の熱でエフェクトが加わり、計算しても作り出せない映像に変容した。それをつなぐ編集センス。おしまいの映像は火事から3年後の21年夏、手や腕でハートマークを作る双子の娘の姿。8ミリフィルムの回る音が家族の時を刻む音に聞こえる。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】あるぞ、大どんでん返し!東京・大阪〝14激戦区〟 優勢の自公与党、野党も必死の巻き返し ピンチの現職が相次ぎ鬼気迫る訴え

  2. 中国のふざけた妄言、尖閣周辺に侵入「日本の右翼漁船に対する法執行だ」 中露艦艇に弱腰の政府「参院選真っただ中の岸田政権を威嚇」識者

  3. ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”

  4. 朝ドラヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 「ブギの女王」歌手・笠置シヅ子がモデル、来秋スタート『東京ブギウギ』

  5. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】CM曲はミリオン記録の絶大効果 明菜が味わった屈辱…担当者の「所属歌手だったのか」に失望も

  6. よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」

  7. 徴用工問題の「皮算用」 韓国、参院選後に妥協案取り付け画策 岸田政権を軽視?「『日本国内の世論を気にせず…』と侮っている」

  8. 「明石家紅白」で期待される〝SMAP雪解け〟 7年ぶりに香取慎吾と共演、木村派・さんまの仲介で「復活」の声

  9. 【2022年夏・参院選】〝民主王国〟長野にヒビ 激戦、立憲・杉尾氏に新人の松山三四六氏が猛追 後援会「千曲会」分裂を契機に自民反撃か

  10. 45年ぶりにギター持ち主へ カナダで盗難、日本で発見 ロックバンド「ゲス・フー」の元メンバー「一度はあきらめた夢がかなった」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ