開いた世界との差にも…瀬古利彦氏はご満悦 東京マラソン 鈴木、一山夫妻がそろって日本選手トップ 一昨年、大迫への辛口評価と大違い1/1ページ

鈴木の好タイムに瀬古氏もご満悦だった=6日、東京駅前
鈴木の好タイムに瀬古氏もご満悦だった=6日、東京駅前

東京マラソン(6日)は五輪連覇中のエリウド・キプチョゲ(37)=ケニア=が2時間2分40秒の大会新記録で優勝。男子は日本記録を持つ鈴木健吾(26)が2時間5分28秒の4位、女子は昨年12月に鈴木と結婚した一山真緒(24)が2時間21分2秒の6位で夫婦そろって日本選手トップだった。夫妻の合計タイムは4時間26分30秒で、2017年にケニアの夫婦が樹立したギネス世界記録を35秒更新し、ともに7月の世界選手権(米オレゴン州)代表入りに大きく近づいた。

鈴木は昨年2月のびわ湖毎日マラソンで2時間4分56秒の日本新記録を樹立。以降は周囲から注目されたが、引っ込み思案な性格で「精神的に削られる場面があった。少しは(プレッシャーを)乗り越えられたかな」と涙ぐんだ。

いつもは厳しい日本陸連副会長・瀬古利彦ロードランニングコミッションリーダー(63)の口は意外にも滑らかだった。世界トップランナーのキプチョゲの走りを目の当たりにし「神のような人。よくぞ彼みたいな選手が地球上に現れたなと思います」と絶賛。また、鈴木にも「(日本記録が)フロックでないことを証明したと思う」とたたえ、日本選手3人が2時間7分台で走り、日本男子が「どんどん底上げできていると思う」とご満悦だった。

一昨年3月の前回大会では、日本選手最上位の大迫傑が2時間5分29秒の4位ながら当時の日本新記録も、「五輪でメダルは厳しい」と断言するなど辛口評価した姿とは大違いだ。

会見する日本陸上競技連盟の瀬古利彦・ロードランニングコミッションリーダー=6日、東京都千代田区(佐藤徳昭撮影)
会見する日本陸上競技連盟の瀬古利彦・ロードランニングコミッションリーダー=6日、東京都千代田区(佐藤徳昭撮影)

2年前の覇者、ビルハヌ・レゲセ=エチオピア=と大迫のタイム差は1分14秒差で、今回のキプチョゲと鈴木は約3分差と倍近くに広がった。2年後のパリ五輪へ、残された時間の違いはあるとはいえ、日々高速化するマラソン界で日本勢は今度こそ「世界の壁」を壊せるのか。 (山戸英州)

zakスペシャル

ランキング

  1. ほかにもある自治体の誤送金 回収に四苦八苦の現場…億超えの大阪・寝屋川市や福島・天栄村など 督促申し立てを行うと10万円以上の経費

  2. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  3. 【EV放浪記】ホンダeの12カ月点検 回生ブレーキ多用で減らないブレーキパッドは錆だらけ 車体下側は凹凸少なくスッキリ

  4. 国会は「対中非難決議」の覚悟決めろ 内部資料流出、ウイグル問題で動かぬ証拠 「骨抜き決議」に批判 有本香氏「毅然と事実を示していくべき」

  5. 【最新国防ファイル】陸自唯一の機甲師団「第7師団」 ロシアが仮想敵のずば抜けた戦闘力 いまは領土防衛のため機動展開の部隊に変革

  6. 日本の核シェルターの現状 人口1.2億人に対し収容できるのは2.4万人

  7. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  8. ゼレンスキー大統領が激怒! キッシンジャー氏の「領土割譲案」に「ロシアの利益を考慮しよう、という人が必ずいる」

  9. 元欅坂46・今泉佑唯「母ひとり子ひとりで子育て中」と明かす ユーチューバー引退のワタナベマホトと既に破局か

  10. 安保環境の激変で大転換 日本学術会議「軍民両用」研究を否定せず 年間10億円の血税投入「浮世離れ」組織、民営化案浮上で目くらましか