ここまで進んだ最新治療

急性心筋梗塞で実施 血流再開で起こる合併症防ぐ新しい心臓カテーテル治療1/2ページ

急性心筋梗塞のカテーテル治療のようす
急性心筋梗塞のカテーテル治療のようす

心臓カテーテル治療(PCI)の普及で急性心筋梗塞の救命率は劇的に改善した。しかし、患者は救命されても、その後に慢性心不全になりやすい。それはPCIによって冠動脈の閉塞は解除されて血流が再開するが、同時に急激な血流再開で心筋の細胞が死滅してしまう「再灌流(さいかんりゅう)傷害」という現象が起こるからだ。

この血流再開に伴う合併症を軽減させようと、さいたま市立病院・循環器内科では「乳酸加ポストコンディショニング」という独自のPCIを行っている。開発者の小山卓史副院長は、再灌流傷害が起こる原因をこう話す。

小山卓史副院長
小山卓史副院長

「再灌流傷害が起こる機序(メガニズム)は、世界的には未解決です。ただ、かつて自ら行っていた基礎研究から、信ずる理論はありました。血流が途絶えた虚血心筋ではエネルギー温存のため、細胞内に乳酸を貯めて収縮を止めています。半面、細胞内カルシウムイオン濃度は上昇し、逆に収縮を何とか維持させようとします。そこでPCIによる血流再開で一気に乳酸が洗い流されると、異常に高まった細胞内カルシウムイオン濃度によって極めて強い収縮が起こり、虚血で傷んだ心筋組織をさらに傷害するのです」

zakスペシャル

ランキング

  1. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  2. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  3. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  4. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国

  5. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  6. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  7. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  8. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  9. 【艶グラドル】美澄衿依、趣味は“かわいい子探し” 初DVD「Ellie」を発売

  10. 吉岡里帆の“うさぎコスプレ”が話題 ネット民「バニー姿ステキ」「飼いたい」「どんぎつねさんと悩む」