阿炎〝難敵〟浜ちゃんのツッコミも余裕で突破…「報道のとおりだと思うんですけど」などとソツなく対応 「ジャンクSPORTS」出演1/1ページ

阿炎(右)は春場所へ向け熱量を上げてきた=7日、錣山部屋(日本相撲協会提供)
阿炎(右)は春場所へ向け熱量を上げてきた=7日、錣山部屋(日本相撲協会提供)

新関脇の阿炎(27)=錣山=が13日からの春場所(エディオンアリーナ大阪)を前に〝難敵〟の壁を突破した。

12勝で殊勲賞を獲得した初場所後に、新大関御嶽海、新小結豊昇龍らと収録した「ジャンクSPORTS」(フジテレビ系)が6日夜にオンエア。一昨年7月場所中にキャバクラ通いが発覚し、日本相撲協会のガイドライン違反で3場所出場停止となったが「不祥事からの復帰! 騒動の裏側すべて告白します!」と題し、両親や兄ら家族総出で取り上げられた。

司会のダウンタウン・浜田雅功から突っ込まれた阿炎は、「報道のとおりだと思うんですけど」などとソツなく対応。一夜明けた7日、稽古後に取材に応じた阿炎は「ああいう踏み込んだことを言われても、自分でやってしまったことなので。それを自分で受け止めて、ちゃんと受け答えができたのは、よかったと思います」と収録を振り返った。

さらに「ああいうことは、これからずっとついてくるものだと思いますし。逆に自分はその質問されたからいやになるとかはないですし。それも越えていかないといけないと思っているので」とすべて受け止めた上で、前に進む決意を語った。

これまでも「ジャンク―」は大相撲特集を組み、多くの力士が出演しているだけに、協会もどんな番組か理解しているはず。そんなバラエティー番組に協会が出演許可を出したのは、阿炎のみそぎは完全に済んだと判断したからだろう。

幕内復帰後は2場所連続12勝で優勝争いに加わり、大関候補の呼び声も高い。阿炎は「そう言っていただけることはうれしい。もっと頑張らないといけない気持ちになる。大関うんぬんより、そう思っていただける相撲をみせられれば」と無欲。浜ちゃんのツッコミにもひるまず、もう怖いものはない。春場所は三度目の正直で初優勝といきたいところだ。 (塚沢健太郎)

zakスペシャル

ランキング

  1. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】古舘伊知郎が見た〝伝説の一夜〟 井上陽水と玉置浩二、大御所2人を「黒子」にさせた中森明菜のすごみ

  2. 【大鶴義丹 やっぱりOUTだぜ!!】俳優にとって一番の恐怖…体が動く限り続く〝終わりのないゲーム〟 お金や名声入るが気持ちは満たされない

  3. 韓国で早くも「反日」暴挙 林外相の訪韓中に竹島EEZで無断調査 地下構造や資源探査か 「尹大統領は決して“親日”ではない」

  4. 新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目

  5. 【日本の解き方】「世界標準」になった金融政策、内外の安保環境も激変したが…進歩なき一部野党とマスコミ

  6. ロシア“非人道兵器”使用か マリウポリの製鉄所に「白リン弾」降り注ぎ…プーチン大統領に重病説、追い詰められ残虐さ加速?

  7. 安保環境の激変で大転換 日本学術会議「軍民両用」研究を否定せず 年間10億円の血税投入「浮世離れ」組織、民営化案浮上で目くらましか

  8. “制裁金よりダメージ” 朗希への白井球審の詰め寄り問題以降、ロッテと関西審判団の深まる遺恨 井口監督とレアードも退場に

  9. 昨年10月頃から落ち込み激しく…上島竜兵さん急死、周囲は心配しケアも 行き当たる〝師匠〟志村けんさんの死去

  10. 【そういうことだろ~】Jリーグ30年目迎えるも〝オワコン危機〟 「浦和が正真正銘のビッグクラブにならなきゃダメ」